コラム

プーチンの侵略戦争に「No!」渋谷に2000人、国内最大規模の叫び

2022年02月26日(土)22時10分

渋谷ハチ公前にウクライナ人と日本人約2000人が集まった (筆者撮影)

<ロシア軍の攻撃にさらされる母国や家族を守るために何もできない在日ウクライナ人の絶望が伝わってきた。家に帰って#CNNを観るだけの自分だが、それでも味方であると言いたい>

プーチンが第二次世界大戦以降の世界秩序をひっくり返してから、日本時間換算でこの原稿執筆時点(2月26日夕刻)において第3日目となる。プーチンはその目論見をウクライナ東部ドンバス地方であると世界の目線を欺罔しておいて、実際の主目標はドンバスなどではなく最初から首都キエフの占領及び、クリミア方面から北上する助攻によってウクライナの事実上の南北分断にあることが明らかとなったと言える。

プーチンが古典的な侵略戦争を開始した以上、またも古典的な戦争の教科書に従えば、地の利があるウクライナ軍は、兵力に劣るとはいえ、ある程度善戦しているとの報があるが、それはまたぞろ古典的な遅滞戦術を取りつつウ軍が後退している結果なのか、或いは道路等を通じて突出してきたロシア軍小部隊を伏撃している結果なのか、全く情報が錯綜しており分からない。いずれにせよウクライナ軍の初期善戦が事実だとしても、ウ国境に展開した20万人程度のロシア軍全部が戦線に投入されておらず、余力を残している事実を考えるとき、圧倒的物量に対してウ軍は根本的戦局の挽回には至っていないと考えるのが普通で、結局キエフは陥落必至なのではないか、というのがまず共通諒解であろう。

でっち上げの侵略戦争

そんな中、世界中で、ロシア国内でも、プーチンの滅茶苦茶なでっち上げの大侵略戦争へ反戦の声が上がり始めたのは必定である。そして遂に日本でも、ウクライナへの本格侵略から初めての週末となる2月26日13時ごろから、東京・渋谷で在日ウクライナ人らを主催とした侵略後、最大級の反戦大規模集会が開催されたのであった。この集会は、在日ウクライナ大使館などがSNS上などで事前に拡散していたが、主催者は在日ウクライナ民間人有志であり、全く草の根の集会で、それに対しプーチンの侵略を許さないという想いを持った多くの日本人もが参加したものである。最終的に主催者発表によるとそれは2000人以上になるという壮挙である。

プーチンによる全面侵略に憤怒する私は、渋谷での反戦集会を知り矢も楯もたまらず、即座に渋谷に向かった。集結場所の渋谷ハチ公前は13時を過ぎて、すでに黒山の人だかりであった。如何にこの侵略に対し、非ウクライナ人=日本人も強い義憤を抱いているのかがわかる。コロナによる密状態を少しでも抑えんがため、やがて群衆は在日ウクライナ人主催者らと、群衆である日本人らに分かれていく。ウクライナ国歌斉唱が始まり、大喝さいが起こる。群衆の多くは日本人で、その国家に謳われている歌詞の意味が何であるかは分からないと思うのだが、斉唱が終わると自然と「NO WAR」の叫びが上がる。ウクライナ人からは「ウクライナ!ウクライナ!」の連呼が起こった。彼らの遠き故郷を思う気持ち、救国の志が痛いほど伝わってきた。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで深刻化する「生理の貧困」、学校諦め

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中