コラム

ムハンマド冒涜でフェースブック遮断

2010年05月20日(木)17時19分

passport060510.jpg

見てはだめ パキスタン政府が問題視したフェースブック上のグループ「みんなでムハンマドを描く日」


 AP通信によるとパキスタン政府は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェースブックの利用者がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画投稿を呼びかけるグループを立ち上げたのに抗議して、同SNSへの接続を遮断するよう国内プロバイダーに命じた

みんなでムハンマドを描く日」と名付けられたこのグループは、お笑い専門のCATV局コメディー・セントラルが先月、ムハンマドが登場する番組内容の一部を自己検閲したことに抗議して作られた。自己検閲の対象となったのは、熊の着ぐるみを着たムハンマドを登場させたアニメ番組『サウスパーク』。局は放送前に音声の一部を消すなどの修正をした。


 フェースブックのこのグループはパキスタンや他の国で非難の的だ。ムハンマドの肖像画は偶像崇拝に通じるとしてイスラム教では禁じられているからだ。

 パキスタンでは5月19日、フェースブックへの接続遮断を求めていたイスラム法律家グループの要求を裁判所が認め、政府に接続遮断を命じた。

 南部の都市カラチでは約2000人の女子学生が、こうした内容を容認するフェースブックをボイコットするよう要求するデモを行った。近くでは数十人の男子学生によるデモも行われていた。預言者への冒涜に対しイスラム聖戦を呼びかけるポスターを掲げた参加者もいた。


 パキスタンの宗教問題相は、今回の接続遮断は一時避難的な手段で、根本的な解決のためには、イスラム教国が集まって預言者の絵の出版をいかに防ぐかを話し合うべきだと提案した。

 フェースブックの件では、パキスタンは絵の出版自体を禁じられたわけではなく、よその国で出回っている絵をパキスタンからは見られないようにしただけ。最初から勝ち目はない気もする。

──ジョシュア・キーティング
[米国東部時間2010年05月19日(水)11時38分更新]

Reprinted with permission from FP Passport, 20/5/2010. © 2010 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

プロフィール

ForeignPolicy.com

国際政治学者サミュエル・ハンチントンらによって1970年に創刊された『フォーリン・ポリシー』は、国際政治、経済、思想を扱うアメリカの外交専門誌。発行元は、ワシントン・ポスト・ニューズウィーク・インタラクティブ傘下のスレート・グループ。『PASSPORT:外交エディター24時』は、ワシントンの編集部が手がける同誌オンライン版のオリジナル・ブログ。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 2

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 3

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 4

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 7

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 8

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 9

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 10

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!