最新記事
朝鮮半島

【衛星画像】北朝鮮が非武装地帯沿いの森林を切り開き1カ月前にはなかった平地が出現。狙いは軍事行動か

North Korea Satellite Images Show Mysterious Activity Along Border

2024年6月11日(火)17時56分
ジーザス・メサ
戦術ミサイルの視察をする金正恩

戦術ミサイルの視察をする金正恩(5月14日、場所不明) KCNA via REUTERS 

<韓国に対する最近の数々の挑発行為とあわせて、朝鮮半島の軍事的な緊張の拡大を示す動きとみられている>

最近撮影された衛星写真で、北朝鮮が韓国との間の幅4キロメートルの非武装地帯(DMZ)の境界に沿って、長さ2.9キロの細長い土地を整地していることが明らかになった。これは、朝鮮半島のさらなる緊張拡大を示すものだ。

【マップ】非武装地帯、聖地前と整地後

地球観測衛星データを提供するプラネット・ラボから本誌が入手した画像によると、ここ数週間で、新たに整地された土地が少なくとも4カ所あることがわかった。そのうちの1カ所は明らかに北朝鮮の国境のフェンスを越えて非武装地帯にまで広がっている。

 

次のページの上の画像は今年6月のもので、黄色い枠の中が整地された土地だ。ページ下の4月下旬の時点では草木に覆われていた。現在は、整地された土地が、非武装地帯内に約800メートル以上伸び、韓国の高城統一展望台近くの山の尾根の方向に続いている

北朝鮮の動きが最新の画像で明らかになる前から、北朝鮮軍が非武装地帯付近のいくつかの監視所で新たな陣地を建設しているということが、すでに報じられていた。韓国のニュースサイト、ザ・ファクトが公開した写真には、約30人の兵士が丘の上にある既存の国境警備隊に新しい砦を作っている様子が写っており、その動きは川向うの韓国坡州市炭県面から見ることができた。

だが、最新の画像からは、工事の範囲が以前の報道よりも広範囲に及んでいることがわかる。

北朝鮮軍の行動が容易に

ジョージ・ワシントン大学のイマニュエル・キム准教授は本誌に、整地の理由のひとつは、非武装地帯全体の見通しを良くするためだろうと語った。非武装地帯の大部分は森林や灌木に覆われている。この地域の植生を除去すれば、北朝鮮軍がこの地域をより効果的に監視できるようになる。

「開けた土地は、反対側の動きや活動を発見しやすくなる。軍人や車両の移動が容易になることも、大きな利点だ」と、キムは本誌に語った。「土地が整地されていれば、軍事行動や緊急事態が発生した場合、より迅速で効率的な動員が容易になる」

非武装地帯内での軍事活動は、朝鮮戦争(1950~53年)を終結させた休戦協定によって禁止されているが、両国ともに、この協定に「何度か」違反してきた、とキムは言う。

北朝鮮が国境付近で行った新たな活動の背後に潜む動機は不明だが、韓国に対してはこのところ、連続して新たな攻撃を仕掛けている。この1週間、金正恩総書記率いる北朝鮮政府はGPS妨害攻撃、ミサイル発射、ゴミや廃棄物を詰めたゴミ風船を韓国に送り込む、といった作戦を展開してきた。

タバコの吸い殻や糞尿などを詰めたゴミ風船は、ソウルをはじめ人口密度の高い韓国の北部地方全域に着陸した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中