最新記事
兵器

堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっかり」でウクライナのドローン突撃を許し大爆発する映像

Video Shows Ukraine Drone Find Fatal Gap in Russian 'Turtle Tank's' Armor

2024年6月7日(金)17時30分
エリー・クック
ウクライナのドローン攻撃を受けるロシア亀戦車

Melnikov Dmitriy/Shutterstock

<ウクライナ各地の戦場に、防護用の装甲を取り付けたロシア軍「亀戦車」が登場しているが、ドローン攻撃を防ぎきることはできていないようだ>

ドローン攻撃を回避するため、車体に防護用の装甲を取り付けたロシア軍の戦車が、ウクライナ各地の戦場で目撃されている。こうした戦車はその異様な外観から「亀戦車」と揶揄されているが、ウクライナ軍のドローンが「甲羅」をくぐり抜けて戦車内部に突入し、自爆攻撃を成功させた瞬間だという映像が、ウクライナ政府によって公開された。

■【動画】装備は完璧も、運用が「お粗末」すぎたロシア軍...ウクライナに隙をつかれ、戦車が「内側から」大爆発の瞬間

動画は、ウクライナ軍の第93機械化旅団が撮影したもの。FPV(一人称視点)自爆型ドローンが、前線沿いの地点(詳細は不明)でロシアの戦車に向かって飛行する様子とみられる。別の空撮映像は、ドローンが戦車に突入し、戦車が爆発する様子を捉えている。

ウクライナ国防省は6月5日、「占領軍は『カメ』戦車を作ったが、ハッチを閉め忘れてしまった」と投稿し、ウクライナのドローン操縦士は「このようなミスは見逃さない」と述べた。

本誌は、この映像が撮影された時期や場所を独自に確認できておらず、ロシア国防省にメールでコメントを求めている。

ここ数週間ほどインターネット上に出回っている複数の動画からは、ロシアがウクライナ軍のFPV自爆型ドローンから戦車を守るために、自軍の戦車を金属製の甲羅のような構造物で覆っている様子が見て取れる。この防御用のケージ(かご)を取りつけた車両は「亀戦車」と呼ばれ、オープンソース・アカウントで物笑いの種になっている。

小型武器の専門家マシュー・モスが本誌に語ったところによると、亀戦車はロシア軍が5月に入って新たに攻勢をかけているハルキウ州北東部など、ウクライナの複数の前線に出現している。

ロシア「亀戦車」が地雷で吹き飛ばされる映像も

戦闘を観察しているアカウントやウクライナ軍は、これまでにも亀戦車が破壊される様子だとする動画を複数公開してきた。

5月にはウクライナ政府が、ロシアの「亀戦車」が複数の地雷を踏んで吹き飛ばされたと発表した。ウクライナ東部で活動する第79独立空中襲撃旅団も同月前半、ロシアの装甲車列がドネツク州ノボミハイロフカ近くのウクライナ陣地に攻撃を開始したという短い動画を公開した。動画には、金属製のケージに覆われたロシア軍の戦車が少なくとも1両映っている。

ソーシャルメディアに投稿された別の映像では、ドネツク州クラスノホリフカ周辺を移動する、保護カバーに覆われたカメのようなロシアの戦車が捉えられている。

ウクライナとロシアは「ドローン戦」を繰り広げており、ウクライナ上空にはFPVドローンが飛び交っている。ウクライナのドローンは偵察、標的設定、軍用車両の排除のために前線全域で使用され、ロシアの戦車に脅威を与えている。ウクライナは戦場でドローンが記録した映像を頻繁に公開している。

ウクライナ国防省は、「ロシア軍の戦車は、ウクライナ軍のFPVドローンにとって『お気に入りの標的』だ」と述べている。

20240625issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年6月25日号(6月18日発売)は「サウジの矜持」特集。脱石油を目指す中東の王国――。米中ロを手玉に取るサウジアラビアが描く「次の世界」とは?

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米英軍、イエメンのホデイダ空港とカマラン島を空爆=

ビジネス

年内1回の利下げ適切、経済動向予想通りなら=フィラ

ワールド

プーチン氏18日訪朝、24年ぶり 安保など協定署名

ビジネス

FRB議長、7月9日に上院銀行委で証言 金融政策巡
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 8

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 9

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中