最新記事
国際関係

自信に満ち、自己主張する「強気な国」となったインド...国民が熱狂する「強いインド」を支える外相の手腕

MODI’S MESSENGER

2024年5月15日(水)17時14分
リシ・アイエンガー(フォーリン・ポリシー誌記者)
インドのジャイシャンカル外相

ジャイシャンカル外相はエリートの言葉でモディの政策を推進してきた SONU MEHTAーHINDUSTAN TIMESーSIPA USA/REUTERS

<生まれたときからエリート街道を歩む「モディの懐刀」、ジャイシャンカル外相の徹底的な強気外交>

全ては北京で始まった。

インドのナレンドラ・モディ首相が、グジャラート州への投資誘致のために北京に乗り込んだのは、まだ同州首相だった2011年のこと。このとき中国共産党の要人や役人、企業、さらにはインド人留学生との会合をアレンジしたのが、当時、駐中国インド大使だったスブラマニヤム・ジャイシャンカル外相だ。

この北京での出会いが、現在まで続くモディとジャイシャンカルの緊密な関係の出発点となった。それは今、インドだけでなく、世界の地政学にも影響を与えようとしている。

ジャイシャンカルは中国での任期を終えた後、13年には駐米大使としてワシントンに赴任。この頃、モディは02年のグジャラート暴動への関与を疑われて、アメリカからビザの発給を停止されていた。だが12年にインド最高裁で事件への責任はなしと判断され、14年には総選挙に勝利して首相に就任すると、アメリカのビザ停止も解除された。

同年9月、ついに訪米したモディは、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンで、満員のインド系聴衆に向けて演説を行った。そんな晴れ舞台のお膳立てをしたのも、駐米大使のジャイシャンカルだった。

その4カ月後、モディは、外務省から数日後に退官する予定だったジャイシャンカルを外務次官に抜擢。19年には外相に任命した。

こうして外務官僚から政治家に転じたジャイシャンカルは、従来とは大きく異なるスタイルの外交を展開し始めた。国際社会におけるインドの「正しい位置付け」を明確にするべく、自信に満ち、自己主張が強く、誇り高きヒンドゥー至上主義的な姿勢を前面に打ち出すようになったのだ。

インド政府の方針と一致しないとみると、ジャイシャンカルは欧米の外交官やシンクタンク、ジャーナリストに公然と食ってかかる人物として知られるようになった。また、非同盟ならぬ多同盟主義と戦略的自立の原則に基づき、インドは自らの国益のために、自らの判断で行動する姿勢を明確にした。

このようにモディの考え方にぴったり寄り添う外交を展開してきたジャイシャンカルだが、実のところ2人は、正反対の世界の出身だ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、5月横ばいで予想下回る 改善3カ

ワールド

パプアニューギニア地滑り、2000人以上が生き埋め

ビジネス

EU、輸入天然ガスにメタンの排出規制 30年施行

ワールド

政治改革・先送りできない課題に専念、それ以外は考え
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中