最新記事
人質救出

イスラエルがラファで特別作戦、人質2人救出 空爆で74人死亡

2024年2月13日(火)11時00分
ヘリコプター

イスラエルは12日、パレスチナ自治区ガザ最南部ラファで特別部隊による作戦を実施し、人質2人を救出した。現地の保健当局によると、37人が死亡、数十人が負傷した。写真は救出された2人を乗せたヘリコプター。テルアビブで撮影。イスラエル国防軍提供(2024年 ロイター)

イスラエル軍は12日、パレスチナ自治区ガザ最南部ラファで特別部隊による作戦を実施し、人質2人を救出した。救出作戦と同時に空爆を実施。現地の保健当局によると、これまでに74人が死亡、数十人が負傷した。捜索活動により死者数は増える可能性がある。

救出された2人はアルゼンチンとの二重国籍の60歳と70歳の男性2人。アルゼンチン政府はイスラエル政府に謝意を表明した。

イスラエル軍によると、国防軍(IDF)、国内治安機関シンベット、特別警察部隊が共同作戦を実施した。住民によると、攻撃にはイスラエルの航空機、戦車、船舶が参加。1時間以上におよぶ攻撃で2つのモスクと複数の家屋が損傷した。

ガザのある男性は「先月ラファに来てから最悪の夜だった。ミサイルや砲弾が自分たちのテントの200メートル先に落ちた。死というものがとても近い」と語った。

イスラエルのネタニヤフ首相は「完全勝利まで軍事的圧力を継続することによってのみ、人質全員の解放がもたらされる」とし、ラファへの地上攻撃に対する国際的な警告を一蹴した。イスラエル政府のレヴィ報道官も「欧州における過激主義とテロリズムのさらなるまん延」を防ぐために戦っているとし、同盟国がこれを支持することを期待していると述べた。

イスラム組織ハマスは今回のイスラエルによる空爆で、負傷していた人質3人が死亡したと発表。他の負傷している人質の安否は不明とした。

西側諸国の大半はイスラエル軍の攻撃に警告を発する一方、イスラエルへの支援を続けている。

ただ、オランダの控訴裁判所は12日、F35戦闘機の部品のイスラエルへの輸出を7日以内に停止するようオランダ政府に命じた。

英国はイスラエルに対し、避難民が押し寄せているラファを攻撃するのではなく、人質解放に向けた停戦に合意するよう要請した。

バイデン米大統領は、イスラエルには信頼できる避難計画が必要と述べた。

米国務省のマシュー・ミラー報道官は12日、米国はイスラエルによる今回のラファへの空爆がラファに対する本格的な攻撃開始とは判断していないと指摘。イスラエルによって実行可能な信頼できる計画がなければ、米国はラファでの本格的な軍事作戦の実施を支持しないとしたほか、米国のイスラエルへの支援を削減することは、米国がこれまで行ってきたことよりも影響力のある措置になるとは考えていないとした。



[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2024トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


20240227issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年2月27日号(2月20日発売)は「開戦2年 ウクライナが敗れる日」特集。アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学を読み解く

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

年内利下げ、適切な公算 単月の好調データで軌道変わ

ワールド

米国、ロシア支援の企業93社に制裁

ワールド

ヘイリー氏、指名争い天王山へ大規模広告展開 24日

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ制圧受け西進 西側供与の兵器
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 5

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 6

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中