最新記事

ネパール機墜落事故

【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信映像が物語る恐怖の瞬間

2023年1月16日(月)17時35分
佐藤太郎

大破した旅客機と墜落現場で遺体を収容する救急隊員(1月16日、ポカラ) Rohit Giri-REUTERS

<撮影された100秒間の映像は、イエティ航空機が墜落した後、数時間のうちにSNSで瞬く間に拡散された>

1月15日(現地時間)の朝、ネパールの首都カトマンズから中部ポカラに向かっていた同国のイエティ航空の旅客機がネパール中部の観光地の近郊の渓谷に墜落。乗客72人のうち少なくとも68人が死亡するまでの数分間、乗客の1人がFacebookライブで配信を行い、機内から激しい墜落の瞬間を撮影したことが報じられている

ライブ配信を行っていた男性乗客の安否と身元は明らかになっていない。撮影された100秒間の映像は、イエティ機が墜落した後、数時間のうちにSNSで瞬く間に拡散された。

映像では、窓際の席に座っていた男性が、眼下に広がる街の景色を撮影していた。すると飛行機がコントロールを失い、彼の手からカメラが滑り落ちる。同時に他の乗客の叫び声で溢れ、スクリーンは炎で包まれた。

【動画】搭乗客のライブ配信に記録された墜落の瞬間(閲覧注意)

墜落したイエティ航空機は、ネパールの首都カトマンズから観光地ポカラまで約30分のフライトを予定していた。動機が着陸態勢に入ると激しく傾き、その様子は地上の目撃者が撮影したビデオでも確認することができる。

傾いたイエティ航空機は数秒後に峡谷に激突。現場で撮影された写真には、機体の破片が散乱しあちこちで煙が上がっている。

地元住民のビシュヌ・ティワリ氏はAP通信に対し「炎が熱くて、残骸に近づくことができなかった」と話す。「男性が助けを求め泣いているのが聞こえたのに、炎と煙がひどくて助けられなかった」

消防士、警察官、陸軍、空港救助隊員が峡谷で捜索救助活動を開始し、夜明け前まで続けられた。ネパール民間航空局によると、捜索は月曜日も続けられるという。墜落現場となったカスキ地区の上級行政官は、「峡谷のさらに下方で多くの遺体が発見されると思われる」と語った。

墜落の原因は現在調査中で、政府は事故調査委員会を設置。45日以内に報告する見通しだ。

【動画】地上から捉えた旅客機墜落の瞬間

航空会社の発表によると、乗客はネパール人53名、外国人15名(インド人5名、ロシア人4名、韓国人2名、アルゼンチン、オーストラリア、フランス、アイルランドから各1名)。少なくとも6人の子供が乗っていた。

ネパールのビディヤ・デヴィ・バンダリ大統領は「この事故に言葉を失う」と、ツイッターに投稿。「命を落とした乗客と乗組員に心からの哀悼の意を表し、遺族の方々に深くお見舞いを申し上げます」

この事故は、ポカラ空港がわずか2週間前に開港し運用を開始して以来、初の墜落事故だ。1992年に、国際航空のエアバス「A300」がカトマンズ付近の山腹に墜落し、乗っていた167人全員が死亡した1992年以来最悪の被害規模となった。

ネパールでは過去80年間に42件の飛行機事故が発生している。2013年、欧州委員会の航空安全リストは、ネパールの航空会社の欧州連合(EU)内での運航を禁止。安全基準の甘さに加え、インフラ不足、旧式の技術、予測不可能な天候などが、ネパールでの墜落事故の原因として多く指摘されている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トルコ中部でM7.9の地震=GFZ

ビジネス

前場の日経平均は続伸 緩和修正思惑が後退、輸出株な

ワールド

そのような事実ない=雨宮氏に日銀総裁打診報道で磯崎

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月