最新記事

医療

腹痛を訴えた男性の胃から187枚の「硬貨」を発見...「ある種の快感だったようだ」(インド)

2022年12月1日(木)18時05分
スマン・バランダニ

イメージ画像 Gumpanat-iStock

<病院に搬送された58歳の男性は統合失調症を患っており、物乞いで小銭をもらうたびに飲み込む癖があったと執刀医は語っている>

インドで、腹痛を訴えた男性の胃の中から硬貨187枚が見つかるという衝撃的な出来事があった。硬貨は手術によって摘出され、男性は回復したという。

■【写真】手術によって男性の胃から無事に摘出された187枚のコインと、腹部のレントゲン写真

南部カルナタカ州にあるS・ニジャリンガッパ・メディカルカレッジに搬送されたのは、胃痛と嘔吐を訴えた58歳の男性。そこで医師が検査を行ったところ、男性の腹部に複数の物体があることが判明した。

その後、2時間にわたる手術によって、胃の中から硬貨187枚が見つかり、摘出されたという。手術が行われた日時などは明らかにされていない。

この男性は統合失調症を患っており、硬貨を飲み込む癖があったという。

執刀したイシュバル・B・カラブルギ医師は、「本人に尋ねたところ、物乞いをしていて、小銭をもらうたびに飲み込み、水を飲んでいたという。それがある種の快感になっていたようだ。彼は硬貨が消化されると思っていた」と、インディアン・エクスプレス紙に語っている。

またカラブルギ医師はデカン・ヘラルド紙の取材に対し、「命を救うためには手術が必要だった。彼は耐え難い痛みに襲われて病院に運ばれた」と答えた。

「統合失調症の患者には、思考や感情、行動に異常をきたすという症状がある。手術で5ルピー硬貨56枚、2ルピー硬貨51枚、1ルピー硬貨80枚を摘出した。硬貨を取り出すには開腹しなければならず、一度に5〜6枚を取り出し、合計2時間かかった」とカラブルギ医師は説明する。

「フットボール大」10キロの腫瘍摘出手術も

インドでは10月にも、53歳の男性患者から、重さ約10キロのフットボール大の腎臓腫瘍が摘出されている。手術を行った南部ハイデラバードにあるアジア腎臓泌尿器科研究所によると、こうした手術は州内初で、国内では2例目だという。

インドのニュースサイト「タイムズナウ」によると、患者は腹部が腫れたため入院し、腹部に大きな腫瘤病変が見つかった。さらなる検査の結果、腫瘍は左の腎臓から発生していることが判明した。腫瘍は腹腔の3分の2を占め、腸は右下に移動していた。男性を救うためには、手術が必須だったと医師は語っている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア攻勢、ハリコフとザポロジエも標的に=ウクライ

ビジネス

米国株式市場=反発、FRB議長発言を消化

ビジネス

NY外為市場=ドル全面安、FRB議長タカ派化せず

ワールド

ウォルシュ米労働長官が退任へ、バイデン政権閣僚で初

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月