最新記事

ウクライナ情勢

国際社会から同情されるウクライナも、一歩間違えれば反感を買う──ポーランド着弾が問う世界大戦リスク

Looming Escalation Risks

2022年11月22日(火)16時34分
スティーブン・ウォルト(ハーバード大学ベルファーセンター国際関係論教授)

2人が死亡した、ウクライナ国境に近いポーランド東部のプシェボドゥフ村の着弾現場 Agencja Wyborcza.pl-REUTERS

<世界を凍り付かせたミサイルのポーランド着弾。戦闘が長引けば、同じ事態は必ず繰り返される。エスカレーションと世界大戦リスクは?>

ウクライナ戦争がエスカレートするリスクを過小評価していた人たちは再考を迫られている。きっかけはポーランドの国境地帯に11月15日、ミサイルが着弾し、2人の男性が亡くなった悲劇だ。

当初「ロシア製」と発表されたこのミサイルは、その後の調査でロシアのミサイルを迎撃するためにウクライナが打ち上げた旧ソ連製ミサイルだったと分かった。

いまウクライナで起きているのは本格的な戦争だ。こうした戦争には、たとえ両陣営が慎重を期していたとしても、多くの不確定要素と意図せぬ結果が付きまとう。

兵器の不具合も起きるし、現地の指揮官が司令部の命令に従わないこともある。戦闘の最中では状況がよく分からず、敵の意図を簡単に読み違えてしまう。今回は即座に冷静な判断がなされて事なきを得たが、この悲劇で偶発的なエスカレートの危険性が浮き彫りにされた。

ポーランド領内にミサイルが着弾したとの第一報を受け、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領はロシアによる「重大なエスカレート」だと述べ、ポーランド当局はNATO加盟国が攻撃を受けた場合の協議と集団防衛を定めた北大西洋条約第4条と第5条の発動要請を検討すると発表した。

ミサイルがウクライナから発射されたことが分かると、西側は即座にウクライナに悲劇の責任はないとの見解を発表した。そもそも戦争を仕掛け、ウクライナの領土を不法に占拠したのはロシアなのだ。

エスカレートの危機を回避できたのはアメリカとポーランド当局の賢明な対処のおかげだ。しかしこれで一件落着とはいかない。

もしこれがロシアの発射したミサイルの流れ弾だったら、どうなっていたか。ロシアは関与を否定するか、偶発的な事故だと主張するだろう。それが事実であっても西側は信じるだろうか。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が核攻撃に踏み切る前に観測気球を上げたのではないか、ウクライナ周辺の重要な兵站拠点をたたいても報復されないか試したのではないか──そんな臆測が飛び交い、NATOの集団防衛の「抑止力を回復」するために、ロシアに報復攻撃を行うべきだとの声が高まるだろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米裁判所、ファーウェイ副会長の起訴を正式に取り下げ

ワールド

パキスタン、友好国から30億ドル確保へ IMFの支

ワールド

インドネシアのスメル火山が噴火、約2000人避難

ワールド

イランで抗議運動収まらず、新たにスト呼びかけも

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    息子たちは「もうやめて」と懇願...それでもブリトニ…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月