最新記事

戦争犯罪

引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

Photos Show Evidence of Teeth Pulling, Live Burials in Russian Torture Room

2022年10月5日(水)16時13分
アンドリュー・スタントン

拷問部屋として使われていたハルキウ州イジュームの警察署の壁にガスマスク(9月18日) Umit Bektas-REUTERS

<ウクライナ侵攻直後から虐殺や拷問で非難されてきたロシア軍。その戦争犯罪を問うための新たな「証拠」が公開された>

ウクライナ政府幹部が10月4日、東部ハルキウ州の村で撮影された、拷問部屋の存在を裏付ける証拠という写真を公開した。

ロシア兵によって戦争犯罪や虐待が行われているとの告発は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が2月24日にウクライナでの「特別軍事作戦」を開始した直後から相次いでいた。

ウクライナ内務省のアントン・ゲラシチェンコ顧問は、虐待を告発する最新ツイートで、ピスキー=ラドキウスキ村で拷問があった証拠とみられる複数の写真を公開した。

そのうちの1枚には、地面に打ち捨てられたガスマスクが映っており、同顧問によればこれは拷問に使われたものだという。もう1枚に写る箱には、虐待の被害者から無理やり引き抜かれたとみられる歯が集められている。さらにこの村では、人が生きたまま地中に埋められた形跡も見つかったと、ゲラシチェンコは書いている。

「捜査官たちは、ハルキウ州のピスキー=ラドキウスキ村で拷問部屋を発見した。生き埋めにしたり、燃えている布を(窒息させるため)ガスマスクに入れるといった拷問の事例が報告されている。引き抜いた(金)歯を集めた箱も見つかった」と、ゲラシチェンコは10月4日にツイートした。

ウクライナ国家警察は10月3日、メッセージアプリ「テレグラム」への投稿で、拷問部屋とされるこの場所が見つかったと発表していた。

「またしても、ロシア人占領者たちによる拷問部屋だ。ロシア占領から解放された後、我が国の警察官たちは、「解放者」を名乗る軍隊が行った戦争犯罪の事例を記録している。ロシア軍の兵士はこの村に入ると、地元民を家から追い払い、自分たちの住居とした」と投稿には書かれている(ウクライナ語からの翻訳を参照)。

警察が見つけた拷問部屋は地下室にあり、地元民たちが「非人道的な状況で閉じ込められていた」という。

「人々は脅され、殴られ、暴行を受けた」と投稿には書かれている。

再びニュルンベルク裁判を

ウクライナ警察は、ハルキウ市から南東約160キロ弱の場所にある小さな村の家々で、ロシア軍の複数部隊が略奪行為をはたらいたと主張している。10月4日午後の時点では、被害を受けたとみられる住民の人数を含めて、拷問とされる行為に関するこれ以上詳しい状況は明らかになっていない。

今回の戦争が始まって以来、ロシアは、ウクライナの兵士や民間人を拷問しているとする告発に直面してきた。これを受けてウクライナは、第二次大戦後に設けられた「ニュルンベルク裁判にならった形」の戦争犯罪裁判を設置するよう、9月の国連総会で訴えていた。

ウクライナメディアの取材に応えたある男性は、ハルキウ州の別の村で、肉体的・精神的な拷問を受けたと語った。この男性は、後頭部を殴打され、あばら骨を折られた末に、拷問部屋に連行されたという。

AP通信によると、9月上旬にウクライナ軍によって解放されたイジュームの町では、虐待が行われていたとみられる場所が、既に10カ所見つかっている。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

香港の23年人口750万人、前年比+0.4% コロ

ワールド

台湾周辺の軍事情勢に異常なし、離島への配備強化せず

ワールド

税務担当者の苦労、申し訳ない気もする=政治資金問題

ビジネス

中国の銀行、「ホワイトリスト」事業に170億ドルの
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中