最新記事

韓国

韓国ユン大統領が大炎上 バイデンと面談後、米議会をディスり「あのXXども......」

2022年9月22日(木)21時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

放送禁止用語を発言したことで大炎上した韓国の尹錫悦大統領 SBS / YouTube

<旅の恥はかき捨てと思ったのか、つい口を出たのは放送禁止用語だった──>

ニューヨークで行われている国連総会に出席するために訪米した韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領が、側近たちに向けた問題発言がテレビカメラに捉えらた。折しも本会議を開催している韓国国会でもこれが取り上げられ大炎上となった。SBSなどの韓国メディアが報じた。

バイデンとわずか48秒の"会談"

国連総会で現地時間20日に一般討論演説を行ったユン大統領は、翌21日にバイデン米大統領が主催するグローバルファンドの会議に出席。この会議は途上国のエイズ、結核、マラリアの三大感染症対策や保健システム強化などへの資金配分を決定しているもので、バイデン大統領も出席した。

当初はバイデン大統領との首脳会談を希望していたユン大統領だったが、バイデン大統領側がニューヨーク滞在時間を短縮したため、会談は見送られた。

本来であれば、米国の「インフレ抑制法」の導入で米国外で製造された電気自動車(EV)が2023年から税額控除対象外となることを回避するためにバイデンと交渉したかったユン大統領だったが、首脳会談が見送られたために、当初予定になかったグローバルファンドの会議に参加したのだ。

しかし、ホスト役のバイデン大統領は当然ながら忙しく、ユン大統領が会話できたのはステージ上で立ちながらのたった48秒だった。

相手にされなかった憂さ晴らしで放送禁止用語?

結局、ユン大統領にとって今回の米国訪問の一つの柱であった韓国製自動車の「インフレ抑制法」適用除外は果たせずじまいに終わった。

ここまでなら「外交的成果を出せず」といった消極的評価を受けただけで済んだだろう。ところが、ユン大統領はバイデン大統領との会話を終えて、ステージを降りたところで同行していた朴振(パク・ジン)外相と金聖翰(キム・ソンハン)国家安保室長らに向かって、放送禁止用語を使って愚痴をこぼした。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、企業に手数料廃止や値下げ要請 高

ビジネス

TikTok、売却回避に向けた計画が前進=米紙

ビジネス

英ポンド、対ドル等価割れへ 下落は「経常収支危機」

ワールド

ブラジル大統領選、ルラ氏が支持率リード小幅拡大=世

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月