最新記事

台湾

習近平、幻の「秋に台湾侵攻」計画...ウクライナ戦争で白紙に(ロシア内部文書)

China Planned Taiwan Invasion in Fall, Alleged Russian Intel Leak Claims

2022年3月18日(金)17時27分
ジョン・フェン

政権の3期目を目指す習近平(写真は2017年) Damir Sagolj-REUTERS

<ロシアの諜報機関「連邦保安局」のアナリストによる内部告発だとされる情報だが、台湾の情報機関の分析とは内容が大幅に異なり真偽は定かではない>

「中国の習近平国家主席がこの秋、台湾を併合する計画を立てていた」とする文書がインターネット上で公開され、注目を集めている。ロシアの諜報機関が書いたものだとされているが、台湾の外交官はこの文書について、本物かどうかは確認できていないと語った。

台湾の呉釗燮(ジョセフ・ウー)外交部長は3月16日に記者団に対して、「中国が台湾を攻撃するのかどうか、いつ攻撃するのかといった情報に関係なく、我々としては常に防衛の備えをしておかなければならない」と語った。

呉外交部長は立法院で開かれた外交・国防委員会での答弁の中で、ロシアの諜報機関である連邦保安局(FSB)のアナリスト(実名は明かさず「変革の風」と名乗っている)が書いたとされる問題の文書について、報道があることは認識していると発言。文書が本物かどうか、個人的に確認することはできなかったが、台湾の諜報機関が詳しく調べているところだと述べた。

問題の文書は、ロシア人の人権派弁護士であるウラジーミル・オセチキンが公開した、複数の文書のうちの1つだ。オセチキンは現在フランスで暮らしており、ロシアの腐敗を告発するサイト「グラグ・ネット」を運営している。2021年には、ロシアの刑務所で起きた虐待行為を撮影したとする1000本以上の動画を、同サイト上で公開した。

オセチキンは、ロシアがウクライナ侵攻を開始してからこれまでに、合わせて7通の文書を入手したとしている。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の計画については、FSBでも事前に知っていた者はごくわずかだったようで、そこにはFSB内部の「恐怖と混乱」が詳細につづられている。

ロシアのウクライナ侵攻で中国が窮地に

調査報道サイト「ベリングキャット」のクリスト・グロゼフ事務局長は3月に入ってから、問題の文書についてFSBの複数の情報源に確認したことを明かしている。それによれば、彼らは文書を書いた内部告発者について、本物のFSB職員だという見方を示したということだ。

内部告発者は、オセチキンに送った3月9日付の4通目の文書の中で、ロシア政府が中国政府を難しい立場に追いやっているとの分析を示した。プーチンのウクライナ侵攻を受けて西側諸国が結束した結果、ロシアが国際社会の「のけ者」になっており、中国がロシアに支援を提供することも難しくなっているためだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日野自、23年3月期の純損益予想は550億円の赤字

ビジネス

ANAHDの今期、黒字幅拡大へ 旅客需要回復と費用

ビジネス

みずほFG、4―12月期純利益は13.5%増 通期

ビジネス

午後3時のドルは下落128円半ば、米利上げ期待が後

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 3

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 4

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 …

  • 7

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 8

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 9

    本を読まないヘンリー王子の回顧録は「文学作品とし…

  • 10

    よろけ、転び、道に迷うモデルたち...トラブル続出の…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月