注目のキーワード

最新記事

インド

女性の目から2センチの生きたハエが摘出される インド

2022年3月7日(月)12時10分
青葉やまと

女性の目から生きたハエが摘出された...... (イメージ) nakornkhai-iStock

<アマゾンで虫に刺された女性。ほどなくして、右まぶたの内側にうごめく何かに気づいた>

インド・ニューデリーの病院で、女性の目から生きたハエが摘出された。手術は麻酔なしで行われ、右まぶたの組織の内部から体長約2センチの生体が取り出された。

また、同じサイズのハエが女性の首の後ろと右上腕にも確認され、摘出は計3匹となった。手術は無事完了し、女性はすでに退院している。女性は以前アマゾンの熱帯雨林を訪れており、その際、人に寄生するハエ「ヒトヒフバエ」の卵が体内に侵入したとみられる。

女性はインドAPNニュースに対し、経緯をこう語る。「アマゾンのジャングルから戻ると、右まぶたに虫刺されができていました。徐々に大きくなり、出血もはじまりました。毒グモに噛まれたのだと思っていましたが、刺された場所の中心には小さな穴が開いていて、その穴から何かが這い出てこようとしているのが見えました。」

ヒトヒフバエはヒツジバエの一種で、幼虫がヒトに寄生する性質をもつ。通常は宿主の組織を食べながら、サナギになるまでの数ヶ月を皮膚の下で過ごす。

Article_BF6702120_Fig1_HTML.jpg

2005年の症例。右内眼角に幼虫が白い斑点として見えた (nature)


41433_2006_Article.jpg

2005年の症例。幼虫が現れた(nature)


顔全体が侵食されるおそれもあった

救急医らは女性が訴えた症状と旅行歴から、ウジの寄生によって引き起こされる感染症である「蝿蛆症(ようそしょう)」と診断し、手術に踏み切った。

対応した医師のひとりであり救急科を率いるモハマッド・ナッディーム医師は、「非常にまれな皮膚蝿蛆症の症例でした。このようなケースでは、緊急かつ詳細な診断を下す必要があります」と述べている。摘出が遅れた場合、皮下組織の破壊が進み、眼球を収めている眼窩(がんか)や鼻、ひいては顔全体など広範囲が侵食されるおそれがあったという。

現地ニュースチャンネルの『インディアTV』は、「ヒトヒフバエを除去しない場合、組織が破壊され、まれに髄膜炎あるいは死につながる可能性もある」と報じ、生命に関わる感染症を引き起こす可能性があると強調している。

インドPTI通信によると患者は32歳のアメリカ人女性で、2ヶ月前にアマゾンのジャングルを訪れていた。その後1ヶ月から1ヶ月半ほど、まぶたの内側で何かが動く様子を感じていたという。

帰国後に複数の医師の診断を受けたものの、原因の特定や異物の除去には至らなかった。アメリカでの対応が難しいと考えた女性はインドへ飛び、ニューデリーの救急病院を受診する。女性の詳細は報じられていないものの、現地報道を総合するとインド系アメリカ人であり、母国の医療を頼った可能性がある。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月