注目のキーワード

最新記事

パンデミック

北京冬季五輪の「バブル方式」、オミクロン株出現で破裂の危機

2022年1月7日(金)11時18分

中国政府は2月の北京冬季五輪で、選手や関係者を外部と接触させない「バブル方式」を徹底する方針だ。写真は五輪のシンボルと、防護服を着た人。北京で昨年12月30日撮影(2022年 ロイター/Thomas Peter)

中国政府は2月の北京冬季五輪で、選手や関係者を外部と接触させない「バブル方式」を徹底する方針だ。しかし、感染力の強い新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が出現し、こうした取り組みは厳しい試練にさらされそうだ。

中国では感染経路の徹底的な追跡、標的を絞った厳しいロックダウン(都市封鎖)、海外からの渡航者の大幅な落ち込みを伴う旅行制限など「感染ゼロ」政策が奏功。新型コロナは2年前の武漢での初の感染確認以来、おおむね抑え込みに成功してきた。オミクロン株の感染確認数も一握りにとどまっている。

だが、2月4日に開幕する北京五輪では海外から2000人余りの選手が入国するほか、2万5000人に上る大会関係者は大半が外国からの入国となる。大会組織委は選手や関係者のうち、どの程度の人数が「バブル」内に入るのか公表していない。

大会組織委の広報担当者は昨年12月30日、「冬季五輪・パラリンピックを安全かつスケジュール通りに行うことは可能だ」と述べ、感染防止策に自信を示した。

大会が開かれる北京と河北省張家口市の規制は、昨夏の東京五輪よりもはるかに厳しい。

計画の中核を構成するのが、選手や大会関係者を国内居住者と物理的に隔てる徹底的なバブル方式。海外からの渡航者は専用機を使って直接バブル内に入り、直接出て行く。

デルタ株の感染者数が世界的に急増していたタイミングで開かれた東京五輪でも、厳しいバブル方式が導入された。ただ、報道関係者やボランティアなど国内居住者はバブルとの出入りが自由で、海外からの入国者の一部も14日間の隔離後で複数回の検査で陰性の結果が出ればバブルを出ることができた。

ところが、これまでの変異株よりもはるかに感染力が強いとみられるオミクロン株の発生で、世界の新型コロナ感染者数は記録的な水準に上昇し、スポーツ大会のスケジュールは混乱している。

北米プロアイスホッケーリーグ(NHL)は、リーグ戦の中止が相次いだことを理由に北京五輪への選手派遣を取りやめると発表。カナダ五輪委の委員長は12月31日、北京五輪が予定通り開催できるか懸念を強めていると述べた。

ロンドン大学の感染症専門家、アイリーン・ピーターソン教授はオミクロン株について「私はときどき短距離走者と呼んでいる。とにかく感染力が強く、感染速度が速い」と話した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

ワールド

ウクライナ軍、遠方からロシア軍攻撃 前線から離れた

ビジネス

NY外為市場=ドル指数5週間ぶり高値、米利上げ予想

ビジネス

米国株式市場=下落、米債利回り上昇で大型株に売り

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 5

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    【映像】バルセロナのビーチの魅力を語る観光客の後…

  • 8

    【動画】ノリノリで踊るマリン首相の映像と、各国政…

  • 9

    台湾が誇示した最新鋭戦闘機「F16V」と中国最強の「…

  • 10

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月