最新記事

人体

人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、未知の第3層

2022年1月12日(水)17時30分
青葉やまと

さらに時代を経て2000年代前半になると、いくつかの研究が3層構造を指摘しはじめるようになる。だが、これらはいずれも表層を2つの層に分けて捉え直す内容であり、「咬筋の筋突起部」とは別のものであった。新たに発見された第3の層の存在と位置を正確に指摘したのは、今回の研究が初となる。

研究チームは、「いくつかの既存のテキストは3層目が存在する可能性に触れていますが、その位置に関しては非常に不正確でした」と指摘している。メゼイ博士らが研究に踏み切った背景には、資料によって矛盾するこうした説明の真相を突き止めたいという思いがあったという。

人体に眠っていた未知の部位

研究により、入念に研究が行われてきた人体の、それも顎という身近な部位において、新たな筋肉の層が示される形となった。ベゼル大学はツイートを通じて研究を紹介し、「人体構造はいまだに、私たちを驚かせるようなサプライズをいくつか秘めています」とコメントしている。

研究に参加したバーゼル大学のイェンス・クリストフ・トゥルプ教授は、「過去100年間で解剖学の研究は徹底的にされ尽くしたと一般に考えられているなか、私たちの発見はいわば、動物学者が新たな脊椎動物を発見したようなものです」と語り、研究の成果に自信を示す。

米技術解説誌のインタレスト・エンジニアリングは今回の発見を取り上げ、「何年もかけて解剖学の授業をしていることを考えると、未知の器官や筋肉などが発見されることはいささか奇妙に思えるかもしれない。しかし、こうしたことはめずらしくないのだ」と述べ、2020年には頭の深部に未知の唾液腺が発見されたと紹介している。人体にはさらに知られざる器官が眠っており、今後も発見が続く可能性がありそうだ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ウクライナ首相、復興費は「ロ富裕層が負担すべき」 

ワールド

トルコ、ロシア穀物運搬船を拘束 ウクライナが要請

ビジネス

ユーロ圏、ロシアがガス供給停止なら景気後退の恐れ=

ワールド

ローマ教皇、近い将来の退任を否定

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

  • 4

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 7

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月