最新記事

台湾

先例はAPEC、WTO... 台湾のTPP加盟を実現させる秘策

2021年9月27日(月)16時35分
シャノン・ティエジー

多くの難題を退けて、蔡英文総統はTPP参加へ道筋をつけられるか AP/AFLO

<中国が激怒しているが、台湾にも希望はある。日本などTPP構成国が中国側に、台湾との同時加盟という条件を突き付ける可能性もある。一方、いかなる条件でも中国が台湾の加入を認めない可能性もある>

台湾は9月22日、日本など11カ国によるTPP(環太平洋連携協定)への加入を申請した。16日に加入申請した中国を牽制する動きだ。

台湾は中国よりも多くの点で、TPPの参加資格を満たしている。

TPPは労働者の権利や環境保護、政府補助金による国内産業の優遇の撤廃など、高いレベルの自由化を加入基準として設けている。台湾は米ヘリテージ財団による「経済自由度」指数で世界6位だが、中国は107位だ(TPP参加国の平均順位は31位)。

台湾の王美花(ワン・メイホア)経済部長(経済相)はこの点に触れて、中国がTPPの「厳しい基準を満たしているかは疑問」だと述べた。「中国は今も経済への不当な介入を繰り返し......正当な理由なく輸入を禁じている」とも指摘。

実際、台湾自身がこうした政治的介入の被害を受けている。

台湾は以前からTPP加入の意向を表明しており、アメリカも強く支持してきた。しかし今は、そのアメリカがTPPを離脱している。こうなると加入のハードルは高い。

それでも台湾メディアによれば、台湾は既に加盟国と水面下の交渉を始めている。加入に必要な法制の見直しも終えており、「必要な法改正の用意もある」(王経済部長)という。

台湾にとって一番の障壁は、中国の反対で制限されているその国際的地位だろう。

中国は台湾の国際社会への参加にとにかく反対してきた。「台湾独立を画策する分離主義者に誤ったサインを送る」というのが、その決まり文句だ。今回も中国外務省の趙立堅(チャオ・リーチエン)報道官が台湾の参加に「断固反対」だと息巻いている。

だが台湾にも希望はある。

例えばAPEC(アジア太平洋経済協力会議)には、台湾は「チャイニーズ・タイペイ」の名で加盟している。

これはAPECが国ではなく「エコノミー」の集まりと規定されているからだ。参加単位が「国」である場合、中国は台湾の参加を絶対に認めないが、「国」以外なら容認する可能性がある。

WTO(世界貿易機関)の場合、台湾は香港やマカオと並ぶ「独立関税地域」として加盟を認められた。

台湾は中国よりもはるか以前に加盟基準を整えていたが、台湾に先んじられるのを嫌った中国が政治力で加入を阻んでいた。結果的に、アメリカが折れて中国の加盟を認め、その後に台湾の加盟も許された。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、一般教書演説で共和に協力呼びかけへ 強

ビジネス

印アダニ、独立機関による評価検討 空売り業者の批判

ワールド

情報BOX:バイデン米大統領の一般教書演説要旨

ビジネス

米投資大手カーライル、第4四半期は52%減益 M&

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月