最新記事

ゲームチェンジャー

米コインベース上場、仮想通貨が金や為替と並ぶ主流資産に食い込む起爆剤となるか

2021年4月16日(金)19時33分
ジェンキンス沙智(在米ジャーナリスト)
タイムズスクエアの巨大スクリーンに映し出されたコインベースのロゴ

ナスダック上場の日、タイムズスクエアの巨大スクリーンに映し出されたコインベースのロゴ(4月14日、ニューヨーク) Shannon Stapleton-REUTERS 

<ビットコイン価格急騰の波に乗る仮想通貨取引所大手コインベースが鳴り物入りで上場、時価総額はNYSEやナスダックを大きく上回った>

今週14日(水)の米株式市場は寄り付き前から高揚感と期待感に包まれ、日中を通して「歴史的」「象徴的」などの言葉が飛び交うなど、どこかお祭り騒ぎの様相を呈していた。

その理由は、S&P500株価指数が取引時間中に過去最高値を更新したからでも、大手銀行の第1四半期決算が大幅増益になったからでもなく、コインベース・グローバルという一般的にはあまり馴染みのない会社がナスダック市場への上場を果たしたからだった。

米サンフランシスコに拠点を置くコインベースはいわゆる暗号資産(仮想通貨)取引所の最大手で、ビットコインをはじめ約50種類の暗号資産を取り扱っている。2012年に創業され、現在では100ヵ国以上で約5600万人に利用されており、プラットフォーム上の総資産額は暗号資産市場の11.3%シェアに相当する2230億ドルに上る。

同社の上場は米国の暗号資産取引所として初めてで、折しもビットコイン価格が年初来2倍以上に跳ね上がり、大手企業や金融機関も拡大しつつあるパイの一部を取り逃がすまいとこぞって参入するなど、仮想通貨界隈がかつてないほど盛り上がりを見せる中で行われた。

新株を発行しない直接上場(ダイレクトリスティング)としてはナスダック市場初めてのケースでもあり、注目度の高さから午前中は買い気配で値が付かず、午後になってようやく参考価格の250ドルに対して初値381ドルで取引を開始した。その後すぐに一時429.54ドルまで上昇した後、328.28ドルへと反落して大引けを迎えた。

終値に基づく時価総額は完全希薄化ベースで約860億ドル(約9兆4000億円)と、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)やナスダックを大幅に上回る規模となった。フォーチュンによると上場時の時価総額としては民泊大手エアビーアンドビーやSNS大手フェイスブックなどに次いで米国史上5位以内に入ったと推定される。

暗号資産市場は分岐点に差し掛かっている

暗号資産に明るい一部の市場参加者や投資家以外にはほぼ無名に近かった同社がこれだけ注目されたのは、コインベースの上場が従来ニッチな市場で実体も掴みにくく、やや敬遠されがちだった暗号資産の世界がメインストリームに躍り出るきっかけになると期待されているからだ。

ビットワイズ・アセット・マネジメントの首席投資責任者、マット・ホウガン氏はCNBCとのインタビューで、暗号資産はこれまでその他主要資産と一線を画す「壁」に隠れる形で発展してきたが、コインベースの上場が「この壁を取っ払うことになる」と指摘した。

ニュース速報

ワールド

台湾、新型コロナ感染者が過去最多の16人 総統も警

ワールド

米アマゾン、2.5億ユーロの追徴課税巡りEU裁で勝

ビジネス

「心痛む」と五輪スポンサーのトヨタ幹部、選手に出場

ビジネス

ソフトバンクG、前期利益は世界2位 孫会長「満足し

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 2

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 3

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 6

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 10

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月