最新記事

ゲームチェンジャー

米コインベース上場、仮想通貨が金や為替と並ぶ主流資産に食い込む起爆剤となるか

2021年4月16日(金)19時33分
ジェンキンス沙智(在米ジャーナリスト)
タイムズスクエアの巨大スクリーンに映し出されたコインベースのロゴ

ナスダック上場の日、タイムズスクエアの巨大スクリーンに映し出されたコインベースのロゴ(4月14日、ニューヨーク) Shannon Stapleton-REUTERS 

<ビットコイン価格急騰の波に乗る仮想通貨取引所大手コインベースが鳴り物入りで上場、時価総額はNYSEやナスダックを大きく上回った>

今週14日(水)の米株式市場は寄り付き前から高揚感と期待感に包まれ、日中を通して「歴史的」「象徴的」などの言葉が飛び交うなど、どこかお祭り騒ぎの様相を呈していた。

その理由は、S&P500株価指数が取引時間中に過去最高値を更新したからでも、大手銀行の第1四半期決算が大幅増益になったからでもなく、コインベース・グローバルという一般的にはあまり馴染みのない会社がナスダック市場への上場を果たしたからだった。

米サンフランシスコに拠点を置くコインベースはいわゆる暗号資産(仮想通貨)取引所の最大手で、ビットコインをはじめ約50種類の暗号資産を取り扱っている。2012年に創業され、現在では100ヵ国以上で約5600万人に利用されており、プラットフォーム上の総資産額は暗号資産市場の11.3%シェアに相当する2230億ドルに上る。

同社の上場は米国の暗号資産取引所として初めてで、折しもビットコイン価格が年初来2倍以上に跳ね上がり、大手企業や金融機関も拡大しつつあるパイの一部を取り逃がすまいとこぞって参入するなど、仮想通貨界隈がかつてないほど盛り上がりを見せる中で行われた。

新株を発行しない直接上場(ダイレクトリスティング)としてはナスダック市場初めてのケースでもあり、注目度の高さから午前中は買い気配で値が付かず、午後になってようやく参考価格の250ドルに対して初値381ドルで取引を開始した。その後すぐに一時429.54ドルまで上昇した後、328.28ドルへと反落して大引けを迎えた。

終値に基づく時価総額は完全希薄化ベースで約860億ドル(約9兆4000億円)と、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)やナスダックを大幅に上回る規模となった。フォーチュンによると上場時の時価総額としては民泊大手エアビーアンドビーやSNS大手フェイスブックなどに次いで米国史上5位以内に入ったと推定される。

暗号資産市場は分岐点に差し掛かっている

暗号資産に明るい一部の市場参加者や投資家以外にはほぼ無名に近かった同社がこれだけ注目されたのは、コインベースの上場が従来ニッチな市場で実体も掴みにくく、やや敬遠されがちだった暗号資産の世界がメインストリームに躍り出るきっかけになると期待されているからだ。

ビットワイズ・アセット・マネジメントの首席投資責任者、マット・ホウガン氏はCNBCとのインタビューで、暗号資産はこれまでその他主要資産と一線を画す「壁」に隠れる形で発展してきたが、コインベースの上場が「この壁を取っ払うことになる」と指摘した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

プーチン氏、金総書記と平壌をドライブ ロシア製リム

ビジネス

TOPIX定期入れ替え実施へ、銘柄1200程度に絞

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中