最新記事

東日本大震災10年

3.11被災地を取材し続けてきた櫻井翔が語る「記憶」とずるさ、喜び

SHO ON SHO

2021年3月9日(火)07時00分
小暮聡子(本誌記者)
櫻井翔

3月9日(火)発売の本誌3月16日号 NEWSWEEK JAPAN

<報道番組『news zero』キャスターとして、東日本大震災から10年、被災地の取材を続けてきた櫻井翔。本誌3月16日号「3.11の記憶」特集で初めて1万字の長編ドキュメントを自らつづった櫻井に、何を聞き伝えていきたいのかを聞いた>

櫻井翔はなぜ、毎年被災地を訪れ人々の声を聞き、伝え続けるのか。キャスターとしての自身の役割をどう捉えてきたのか。本誌・小暮聡子が話を聞いた。

◇ ◇ ◇

――報道者の中でも、毎年欠かさず現地を訪れ定点観測している人は多くない。『news zero』のキャスターを15年続けてきたなかで、被災地の取材は櫻井さんにとってどのような意味合いを持つのか。

震災以前から僕が今に至るまで取材し続けていることに「戦争の記憶」がある。ずっと、『zero』を通して戦争の記憶を若い人たちに伝えていきたいと思ってきた。キャスターを始めて5年たったときに震災が起きて、これは継続して取材していかなければいけないなと思った。

戦争と震災の記憶は、自分にとって2つの大きなテーマだ。この2つは、伝えるという立場においては、風化させない、忘れないというところが共通すると思っている。

――放送を見ていると、取材をされる側は、櫻井さんだから、櫻井さんが聞いているから心の中を話している、というのがよく分かる。

そういったことで言うと、ある意味僕はずるいんですよ。「嵐・櫻井翔」という人格も半分持ちながら取材するので、心のどこかで、そのことで小さい子供たちが喜んでくれたらいいな、とすら思っているときがある。話を引き出すというよりは、テレビでよく見る人に自分の思いを知ってもらいたい、と思わせるような「装置」を無意識のうちに使っている。

「取材」で被災地に行ったときに、小さい子供たちが「あー! 櫻井君だー!」って言ってほんの少しでも笑顔になってもらえる瞬間というのは確かにあって。そこが、自分にとっても「下駄(げた)」であり、取材という行為と別のことを同時にやろうとしてしまっているというときが、たぶんあるのだと思う。

――画面を通して「伝える」という仕事をどう捉えているか。

報道番組に携わってすぐの頃、アナウンサーの福澤朗さんが言ってくださったのは、キャスターというのは、椅子に付いているキャスターの名のとおりAのことをBのところに運ぶ役割でもある、と。

なので僕は、『zero』月曜キャスターという立場、およびシチュエーションによってはジャニーズ事務所「嵐・櫻井翔」という立場を使って、テレビというメディアを通して、被災地の人たちの思いだったり、時に実態だったり、苦悩だったりが伝わればそれでいいと思っている。自分の主義主張を強く、こうあるべきと言うことの役割よりも、取材相手の思いをより多くの人に拡声器となって伝えていく役割。究極的に言うとそれでしかないと思っている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ASEAN、24日首脳会議でミャンマー情勢協議 一

ワールド

インド、コロナ死者が過去最多 多くの地域で都市封鎖

ビジネス

MUFGなど、シティのアジア個人金融の部分買収提案

ワールド

大阪府、緊急事態宣言の要請を正式決定 兵庫も最終調

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 8

    ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

  • 9

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

  • 10

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    青色の天然着色料が発見される

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

  • 6

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 7

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月