最新記事

2020米大統領選

トランプとバイデン、討論会キャンセルで同時刻にそれぞれが集会 コロナ対策で批判合戦

2020年10月16日(金)12時50分

米大統領選の共和党候補トランプ大統領と民主党候補バイデン前副大統領は、中止となった第2回候補者討論会に代えて、それぞれがタウンホール形式の集会を行った。両者をテレビで見る人々、フロリダ州のレストランで撮影(2020年 ロイター/Octavio Jones)

米大統領選の共和党候補トランプ大統領と民主党候補バイデン前副大統領は15日、中止となった第2回候補者討論会に代えて、それぞれがタウンホール形式の集会を行った。異なるテレビ局で同じプライムタイムに放送され、ステージを別にしながらも激突する格好となった。

両候補は新型コロナウイルスへの対応を巡って互いを非難。バイデン氏が、トランプ氏のコロナ流行への対応を「パニック」を断じると、トランプ氏は自身の危機対応を擁護した。米国では新型コロナ感染症により21万6000人以上の死者が出ている。

バイデン氏は米ABCテレビで放送されたフィラデルフィアでのタウンホールで、ウイルスの恐ろしさを隠蔽していたとしてトランプ氏を批判。「(トランプ氏は)米国民がパニックになると心配して誰にも言わなかったと主張しているが、パニックになったのは米国民ではなくトランプ氏だ」と強調した。


一方、トランプ氏は米NBCテレビで放送されたマイアミでの対話集会で、自身のコロナ対応を擁護したほか、後に参加者の多くのコロナ感染が判明することになった、エイミー・バレット氏の最高裁判事指名を発表する式典をホワイトハウスで開いたことの正当性を主張。

「私は大統領で、人々に会う必要がある、地下にこもっているわけにはいかない」と述べ、バイデン氏がコロナ流行を受けて何カ月も遊説を行わなかったことを暗に批判した。

トランプ氏は、2週間前の第1回討論会でバイデン氏の発言を頻繁にさえぎっていたが、今回の集会でも攻撃的な態度に変化はなく、進行役のサマンサ・ガスリー氏と口論のような状態になる場面も見られた。

トランプ氏は、新型コロナ感染予防に向けたマスクの効果を巡って「いろいろな説がある」とコメントした。政権の衛生専門家は、感染拡大を防止する上でマスク着用が鍵との見解を示している。

第2回討論会は15日に予定されていたが、トランプ氏が今月初めにコロナに感染したことを受け、討論会の実行委員会はバーチャル形式に変更することを決め、トランプ大統領が参加を拒否した。最後となる第3回討論会は予定通り22日に行われる見通し。

トランプ氏は優勢にあるバイデン氏の追い上げに躍起になっている。ロイター/イプソスの調査によると、全米の支持率でバイデン氏はトランプ氏に大きくリードしているが、激戦州ではそれほどの大差は開いていない。

15日に期日前投票が始まったノースカロライナ州の投票所では長い行列が見られた。ジョージア、テキサス両州では今週、過去最多の有権者が投票所で期日前投票を行った。

トランプ、バイデン両氏は今週、激戦州を重点的に遊説している。トランプ氏はフロリダ、ペンシルベニア、アイオワの各州で集会を開き、バイデン氏はオハイオ、フロリダ両州を回った。

バイデン氏の陣営は15日、バイデン氏や副大統領候補カマラ・ハリス上院議員の同行者のうち3人がコロナ検査で陽性判定が出たと発表。ハリス氏の側近1人も含まれており、同陣営によると、ハリス氏は濃厚接触はしていないが、予防的に週内に予定される遊説活動を取りやめた。

同陣営はまた、バイデン氏がコロナ検査で後に陽性が確認された航空会社従業員と同じ航空機で移動したと明らかにしたが、密接な接触がなかったため遊説予定に変更はないとした。

*内容を追加して再送します。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・強行退院したトランプが直面する「ウィズ・コロナ選挙戦」の難題
・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力


20210309issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月9日号(3月2日発売)は「人民元研究」特集。一足先にデジタル化する人民元の本当の実力――中国の通貨はやがて世界を制するのか。[PLUS]「王者」米ドル、栄光と挫折の歴史

ニュース速報

ビジネス

USJ、任天堂エリアの開業は18日 当面は整理券で

ビジネス

1月景気動向一致指数、前月比+3.5ポイント=内閣

ビジネス

米FRBとバイデン政権、「包摂的」労働市場に長い道

ビジネス

米フォード、韓国SKとの契約巡り米ITCの批判に反

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月