最新記事

中印関係

中印衝突で燃えるインドの反中世論

Indians Burn China Flag, Demand Trade Boycott As Protests Erupt Over Clash

2020年6月19日(金)17時30分
ダニエル・ビャレアル

西部の都市アフマダーバードの反中集会で習近平の写真を燃やす人たち Amit Dave-REUTERS

<積年の恨みも手伝って、習近平の肖像を燃やし、中国製品のボイコットを呼びかけるインド人>

長年に渡って中国とインドの国境対立が続いているインド北部の山岳地帯ラダック地方で、今月15日と16日に両軍が衝突して兵士20人が死亡したとインド軍が発表した。これを受けてインドでは反中感情が高まっている。

インド兵が殺害されたことに抗議して、インド各地の都市では抗議集会が開かれ、中国の国旗や中国製品、習近平(シー・チンピン)国家主席の肖像が燃やされた。人々は、中国への報復と、中国との貿易の停止を求めている。

インドのテレビ局NDTVによると、インド軍を退役した元少佐で現在はニューデリー南部の住民福祉協会の会長を務めるランジート・シングが制作した、中国に対して「協会が宣戦布告する」5分の動画がインド国内のネットで拡散されている。この動画でシングは、全てのインド国民に対して中国製品のボイコットを呼び掛けている。

「インド軍の非武装の将校や兵士が中国軍に残酷に殺害された。これはまったくの裏切りで、ただの殺戮だ」と、シングは語っている。「残念ながら我々は銃を取ることはできないが、経済的に中国の背骨を折ることはできる」

中国政府系の英字紙「Global Times」は17日付けの社説で「反中グループがインド世論を攪乱し、緊張が高まるのをインドが許すなら、それは極めて危険だ」と主張している。

衝突は石やこん棒で「殴り合い」?

インド北部ラダック地方の3500キロに及ぶ国境をめぐって、インドと中国はこれまで約80年間、対立を続けてきた。しかし今月の衝突は1967年以降で最も多い死亡者を出している。インドのニュース媒体、アジアンニュース・インターナショナルは、今回の衝突で中国兵43人が死亡したと報じている。

インド軍は今回の衝突について「発砲はなかった」と主張している。戦闘には石やこん棒が使われ、兵士は殴り殺されたという報道もある。

何をきっかけに衝突が始まったかは不明だが、両国の政府が相手を非難している。中国とインドは、それぞれ世界第1位、2位の人口を抱える大国で、核兵器も保有していることから、長期の紛争に発展することへの懸念が生じている。

<参考記事>インド、日本の新幹線を採用――中国の反応と今後の日中バランス
<参考記事>中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

ニュース速報

ワールド

GoToトラベル、地域経済の支援策で極めて有力=菅

ワールド

中国の滴滴出行、メキシコで女性運転手が女性客選べる

ワールド

バイデン次期政権、「米国第一」主義と決別 各国と協

ビジネス

米原油先物は小幅安、米原油在庫が予想以上に増加

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 6

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月