最新記事

事件

黒人暴行死への抗議、全米に拡大 夜間外出禁止令でも暴徒化したデモ隊と警察が衝突

2020年6月1日(月)16時35分

米中西部ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官から首を圧迫され死亡した事件への抗議活動は5月31日、全米数十の都市に広がり、各地で暴徒化したデモ隊と警察が衝突した。ホワイトハウス前で撮影(2020年 ロイター/Jim Bourg)

米中西部ミネソタ州ミネアポリス近郊で黒人男性が白人警官から首を圧迫され死亡した事件への抗議活動は全米数十の都市に広がり、各地で暴徒化したデモ隊と警察が衝突した。主要都市では31日、夜間外出禁止令が出された。

ミネアポリス近郊の閉鎖中の州間高速道路では同日、タンクローリーがデモ隊に突っ込む事件が発生。ロイターの目撃者によると、運転手はデモ隊によって運転室から引きずり出され、暴行を受けた。その後、警察に拘束された。

ミネアポリス公安局はツイッターへの投稿で、タンクローリーが突っ込んだのは「平和的なデモを扇動する非常に憂慮すべき行為」とし、運転手は負傷したが命に別状はなく、タンクローリーに衝突されたデモ参加者もいなかったようだと明らかにした。

一連の抗議活動の発端は、ミネアポリス近郊で25日、白人警官が黒人のジョージ・フロイドさんを逮捕する際に膝で首を地面に押し付け、フロイドさんがその後死亡した事件だ。

当初は平和的な抗議活動が繰り広げられたが、各地で暴徒化したデモ隊が店舗の窓ガラスを割ったり放火したりするのに対し、警察はゴム弾や催涙ガスを使って強制排除に乗り出した。デモ参加者の多くはマスクを着用しておらず、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念も高まっている。

30日夜は、アトランタ、ロサンゼルス、フィラデルフィア、デンバー、シンシナティ、ポートランド、ルイビルなど複数の主要都市で夜間外出禁止令が出されたにもかかわらず、デモ隊による暴力行為が広がった。

フィラデルフィアは31日、夜間外出禁止令を午後8時から同6時に早め、全ての事業所に閉鎖を指示した。現地テレビではデモ隊が警察車両を攻撃し、放火する姿が映し出された。

首都ワシントンのあるコロンビア特別区は、ホワイトハウス近くで2夜連続で警察とデモ隊が衝突したのを受け、夜11時に外出禁止令を敷いた。

このほかシカゴ、シアトル、ソルトレークシティー、クリーブランド、ダラスなどでも抗議活動が行われ、暴徒化したデモ隊が店舗のオーナーに暴行を加えるなどした。

ニューヨークでは30日夜から31日にかけて約350人が逮捕され、警官30人が軽傷を負った。警察の車が物を投げるデモ隊の中を進む様子をとらえた動画も拡散し、デブラシオ市長は警察の行為について調査を行うと表明した。


=====


ミネアポリスや隣接する州都セントポールでは放火や略奪、破壊行為が5日間続き、ミネソタ州知事は30日、第2次世界大戦以来初めて州兵を総動員すると発表した。

セントポール市長は、約170の店舗が略奪にあい、放火によって焼失した店舗もあると述べた。

小売大手ターゲットはミネソタ州の30店舗を含む100店舗を閉鎖すると発表した。

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は31日、現時点では州兵を連邦政府の監督下に置かない方針を示した。

トランプ大統領は同日、反ファシズムを掲げるグループ「アンティファ」が暴力をあおっているとしてテロ組織に指定する方針を示した。アンティファのメンバーがどの程度デモに参加しているかは不明だ。

トランプ氏は同日午後にツイッターへ投稿で「民主党の市長と州知事は厳しく取り締まるべきだ」と訴えた。「相手は無政府主義者だ。州兵をすぐに動員すべきだ。世界は見ており、あなた方や寝ぼけたジョーのことを笑っている」とした。寝ぼけたジョーは米大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領を指す。

デモは国外にも拡大

警官による暴行に抗議するデモは国外にも広がり、ロンドンでは31日、トラファルガー広場に集まった数百人が「正義がなければ平和はない」などと訴えた。ベルリンでは米国大使館周辺で、フロイドさんの事件に関わった警官の処罰を求める抗議活動が行われた。

1日にはニュージーランド、オーストラリア、オランダでも抗議活動が行われた。

フロイドさんの首を膝で地面に押し付ける様子が動画でとらえられたデレク・ショビン容疑者は殺人容疑で訴追されたが、現場にいた同僚の警官3人は訴追されておらず、デモが収まる兆しは見られない。

米国では2014年にミズーリ州ファーガソンで黒人のマイケル・ブラウンさんが白人警官に射殺された際にも抗議活動に発展しており、政治・人種的な社会の分断が浮き彫りになっている。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます




20200602issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月2日号(5月25日発売)は「コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学」特集。行動経済学、オークション、ゲーム理論、ダイナミック・プライシング......生活と資産を守る経済学。不況、品不足、雇用不安はこう乗り切れ。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月