最新記事

2020米大統領選

「女性をデブ女や馬面をしたレズと呼ぶ富豪」 米民主党討論会、初参加のブルームバーグに集中砲撃

2020年2月20日(木)17時30分

11月の米大統領選の候補者絞り込みに向けて野党民主党が19日にネバダ州で討論会を開いた。写真は討論会の様子。ネバダ州ラスベガスで撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

11月の米大統領選の候補者絞り込みに向けて野党民主党が19日にネバダ州で討論会を開いた。各候補者は初めて参加したマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長に対し、トランプ米大統領のような富豪だと指摘したほか、性差別的な過去の発言などに非難を浴びせた。

エリザベス・ウォーレン上院議員は「われわれは女性を『デブ女(fat broads)』や『馬面をしたレズビアン(horse-face lesbians)』と呼ぶ富豪と戦っている」と発言。「いいえ、私はドナルド・トランプ(大統領)のことを言っているのではない。ブルームバーグ市長のことだ」と語った。その上で「われわれが傲慢な富豪を別の富豪の代わりにするだけなら民主党には大きなリスクになる」と付け加えた。

バーニー・サンダース上院議員、エイミー・クロブシャー上院議員、ジョー・バイデン前副大統領、ピート・ブティジェッジ元インディアナ州サウスベンド市長も、お金を使ってホワイトハウス入りしようとしているなどとブルームバーグ氏を非難した。

昨年11月に出馬表明し、3月から本格参戦するブルームバーグ氏は、自身のお金は相続したものではなく、実業家として稼いだものだと指摘。「私は史上最悪の大統領であるドナルド・トランプを追い払うためにそのお金を使っており、それを成し遂げることができれば、アメリカや私の子供たちに偉大な貢献となるだろう」と述べた。

ネバダ州では22日に党員集会が開かれる。

世論調査で支持率首位となったサンダース氏は、ブルームバーグ氏が市長時代に警察の「ストップ・アンド・フリスク(路上で不審者を呼び止めて行う所持品検査)」政策を支持したことを非難。「乱暴な方法でアフリカ系米国人やラテン系の人々を追った」と語った。

また、バイデン氏はブルームバーグ氏について、市長としての3期の任期中、ニューヨーク市政をあまりうまく運営できなかったと指摘。ストップ・アンド・フリスクについても非難した。

ブルームバーグ氏はストップ・アンド・フリスクを支持したことについて「心を痛め」、「恥ずかしい」とし、支持したことについては既に謝罪していると述べた。

18日に公表されたロイター/イプソスの全国世論調査によると、ブルームバーグ氏はサンダース氏に次いで支持率2位となっている。

ニュース速報

ビジネス

都区部コアCPI5月は+0.2%と予想外の上昇、巣

ビジネス

鉱工業生産4月は9.1%低下、3カ月連続マイナス 

ワールド

トランプ米大統領、SNS企業の保護弱める大統領令に

ビジネス

ブラジル中銀総裁、非伝統的政策オプションに消極姿勢

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月