最新記事

2020米大統領選

ブルームバーグは打倒トランプの救世主か、民主主義を破壊する億万長者か

How the Shadow Candidate May Win

2020年2月19日(水)15時50分
マリー・ハリス(ラジオパーソナリティー)

ナッシュビル(テネシー州)の選挙集会で演説するブルームバーグ。指名獲得に向けて独自の戦略で戦う BRETT CARLSEN/GETTY IMAGES

<目立った選挙活動なしでも巨費を投じた広告で存在感を維持──ニューヨーク市長時代も金にものをいわせたこの男の「必勝戦略」とは>

前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグは今年の米大統領選で、今のところ「陰の候補」だ。民主党の候補者討論会には参加していないし、もうしばらくは予備選にも顔を出さない。

でもテレビをつけたりフェイスブックのページを開いたりすると、嫌でも彼の顔が目に飛び込んでくる。ブルームバーグ陣営は今も選挙広告に巨費を投じている。だから指名争いの前半戦をパスしても、この男の存在感は強い。

この億万長者は、本当のところは何を考えているのか。10年以上前から政治家ブルームバーグを追い掛けてきたアトランティック誌記者のエドワードアイザック・ドベールにニューヨークのラジオパーソナリティー、マリー・ハリスが話を聞いた。

◇ ◇ ◇

──ブルームバーグは以前から大統領選への出馬を検討していた。今回は今までの例とどこが違う?

ブルームバーグが最初に大統領選を意識したのは、2005年にニューヨーク市長として再選を果たした頃だ。2007年に共和党を離れて無所属になったのも、翌年の大統領選出馬に向けた布石だった。

陣営のスタッフは国内各地を回り、出馬の第一歩を踏み出すのに必要な準備を整えた。結果的に出馬はしなかったが、いつでも出馬できる準備はできていた。2012年にも一部で出馬の可能性がささやかれたが、これもお茶を濁した程度で終わった。

──でも前回、2016年には、選挙広告の文言まで用意していた。

2016年の大統領選では、出馬に向けた本気の計画ができていた。彼は、ドナルド・トランプが共和党の有力候補を次々に倒していくのを見ていた。一方で、民主党の本命ヒラリー・クリントンに何かが足りないことにも気付いていた。だからブルームバーグは本気で出馬を検討した。

──でも当時の作戦は型破りで、無所属で立候補して善戦し、最後は議会の判断を仰げばいいと考えていた。

そのとおり。無所属の候補として可能な限りの選挙人を獲得して、最後は連邦議会下院の投票に委ねるという作戦だった。憲法の定めにより、本選挙で誰も選挙人の過半数(270人以上)を獲得できなかった場合、決選投票は下院に委ねられる。まず下院議員が出身州ごとに単一の候補者を選ぶ。そして1つでも多くの州で選ばれた者が、晴れて大統領となる仕組みだ。

ニュース速報

ワールド

英国、5G機器供給で中国依存回避へ国際連合形成目指

ワールド

トランプ米大統領、SNS企業の保護弱める大統領令に

ワールド

米上院の超党派議員、コロナ後見据えたパンデミック対

ワールド

コロナ発症のがん患者、抗マラリア薬・抗菌薬併用で死

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 7

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 8

    コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気…

  • 9

    韓国、新型コロナ新規感染者は79人 4月5日以来最多…

  • 10

    NEWS手越祐也「活動自粛」に見るジャニーズ事務所の危…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月