最新記事

トランプ政権

ウクライナ疑惑で懲りたトランプ、外国首脳との電話会談はもう「誰にも聞かせない」

Trump Says He Might Stop Officials Listening In On His Calls With Foreign Leaders

2020年2月14日(金)14時00分
ジェフリー・マーティン

ウクライナ大統領との電話会談を弾劾裁判の証拠とされたことに、トランプは我慢がならないようだ Jonathan Ernst-REUTERS

<電話で首脳会談を行うときに、政権幹部や専門スタッフが立ち会うのは世界の常識だが......>

ドナルド・トランプ米大統領は13日、右派コメンテーター、ジェラルド・リベラのラジオ番組に出演し、他国の首脳と電話会談する際に政権スタッフが聴く慣行をやめることを考えていると語った。

さらにトランプは、ウクライナ疑惑をめぐる弾劾調査のなかで、国家安全保障会議(NSC)メンバーのアレクサンダー・ビンドマン中佐が、ウクライナ大統領のウォロディミル・ゼレンスキーとの電話会談でトランプに不正行為があったと証言したことについて、不満を露わにした。

電話会談で、トランプはゼレンスキーに対して、約4億ドルの軍事支援と引き換えに、ジョー・バイデン前副大統領とその息子でウクライナのエネルギー企業の幹部を務めていたハンター・バイデンに関する調査を開始するよう求めたとされている。

番組司会のリベラがトランプに、なぜ大統領の電話会談を政権スタッフが聴くことが許されるのか尋ねると、トランプは「長年の慣行」だと答えた。「何年にも渡って行われてきたことだ。外国の首脳に電話すると、皆が聴いている。この慣行は完全に終わらせるかもしれない。完全に、だ」

さらにトランプは、「25人が聴いていることもある」と述べた。またマイク・ポンペオ国務長官もゼレンスキーとの電話会談を聴いていた1人として名前を挙げた。各国首脳の電話会談で、国益を損なうことがないように政権幹部やスタッフが聴いているのは常識的なことだろう。

この件について本誌は、ホワイトハウスに対してコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

「ただ1人、この男が......」

さらにトランプは、ビンドマンが弾劾調査で証言したことについて「とても反抗的だ」と不満を述べた。

「ただ1人、この男が出て行って、『この会談は気に入らない』と言った。まず何より、とても反抗的だ。なぜ彼は直近の人物に言わなかったのか? そうではなくて議会とか、シフ(アダム・シフ下院情報特別委員長)とかに言いに行った」と、語った

議会上院の弾劾裁判で無罪評決を出された後、トランプはビンドマンとゴードン・ソンドランド駐EU大使を解任した。2人とも、弾劾調査でトランプの不正行為を証言していた。

ニュース速報

ワールド

インフルエンザワクチン、北半球の一部で追加入手が困

ワールド

留学や長期滞在の外国人の入国を10月から再開=菅首

ビジネス

日立の送配電網子会社、2025年までに利益が目標上

ビジネス

ANAHD、「検討の事実ない」 2000億円規模の

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月