最新記事

配車サービス

米ウーバーが安全報告書を公開、1日平均8人が性的暴力被害に

2019年12月11日(水)18時45分
松丸さとみ

2年間で事故死107人、レイプ被害464人...... CBC News-YouTube

<ウーバー・テクノロジーズは、2017〜2018年の米国での同社プラットホーム利用による死亡事故や殺人、性的暴力などに関する安全報告書を発表した......>

2年間の合計利用回数23億回

米配車サービス大手のウーバーの運営会社ウーバー・テクノロジーズはこのほど、2017〜2018年の21カ月間における米国での同社プラットホーム利用による死亡事故や殺人、性的暴力などに関する安全報告書を発表した。この類の報告書は同社にとって初めてとなる。

ウーバーは報告書発表にあたり、一般的に企業は自社サービス利用に伴う性的暴力など深刻な問題に触れたがらないと指摘。しかしそのような秘密主義では安全にはならない、と考えているのが、今回、安全報告書をまとめた理由だと説明した。

同社によると、前述の期間中、米国内でウーバーが利用された回数は合計23億回に達し、1日平均では310万回となった。今年(10月31日まで)だけで見ると、1日400万回弱利用されており、1秒あたり45回となる。

ウーバーは報告書の中で、全体の利用回数のうち99.9%は安全上の問題がまったくなかったとしている。忘れ物や返金、目的地までのルートなどで何らかのサポートを必要としたのは1.4%だった。安全に関する問題でサポートを必要としたものは0.1%で、そのほとんどが乱暴なブレーキや口論などの内容だったという。安全面での重大な問題が発生したのは、全体の0.0003%だったとしている。

2年間で事故死107人、レイプ被害464人

具体的な数字を見ると、2017年と2018年に、ウーバー利用中の死亡事故は97件あり、107人が死亡した。また、暴力事案で死に至った被害者は19人おり、うち8人が乗客、7人がドライバー、4人は第三者(ウーバーのドライバーでも利用客でもない人物)だった。

性的暴力に関しては、ウーバーは「性的でない身体部位への同意のないキス」「強制性交未遂」「性的身体部位への同意のない接触」「性的身体部位への同意のないキス」「強制性交」の5つのカテゴリーに分類。これらを合計すると、2017年は2936件、2018年は3045件で合計5981件あったという。

2017年から2018年の1年間でウーバーの利用回数自体が10億回から13億回に増えているため、性的暴力の被害の割合としては1年間で16%減少したと報告書は述べている。前述の5つのカテゴリーのうちもっとも多かったのは「性的身体部位への同意のない接触」で、2017年は1440件、2018年は1560件。割合としてはそれぞれ、0.0001%だという。

また、レイプ(強制性交)は、2017年は229件、2018年は235件あった。割合は0.00002%となる。

なお報告書によると、メディアで報じられたウーバーでの性的暴力2894件のうち、92%がドライバーが加害者だった。こうしたことから、「ウーバーで性的暴力」というとドライバーが加害者と思われがちだが、実際は、今回の報告書でカバーされた性的暴力のうち、加害者とされた人物の45%が乗客だったという(ドライバーは54%)。

ニュース速報

ビジネス

米経済活動は急低下、新型コロナによる混乱で=地区連

ワールド

湾岸アラブ6カ国の新型コロナ感染者20万人超、1カ

ワールド

米政権、香港への優遇関税停止を検討 国家安全法踏ま

ワールド

米、香港への優遇措置継続できず 国家安全法受け=国

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月