最新記事

中国ネット

バットマンが火炎瓶で香港デモ支援? 中国ネット激怒で出版社がPR画像を削除

Batman Poster Accused Of Supporting Hong Kong Protesters

2019年11月29日(金)14時00分
トゥファエル・アフメド

同時にDCコミックスは、イメージ画像を削除したことについて、中国からの圧力を受けて自主規制に応じたという批判も受けている。

(チリのバットマンが火炎瓶を投げるとなぜ香港独立に関係するのか?)


「チリ(暴動)で火炎瓶を投げるバットマンがなぜ香港独立(運動)に関係するのか、まったくわからない......皆さんかわります?」という、ツイッターユーザーのコメントがあった。

(DCコミックスにはがっかり。中国人がちょっと書いただけで画像を削除した)


「DCコミックスにはがっかり。中国人がちょっと香港民主化運動のことを書いただけで画像を削除してしまう......中国はアメリカの自由を侵害している」という別のユーザーのコメントもあった。

来年発売予定のシリーズ最新刊『Dark Knight Returns: The Golden Child』は今年9月に製作が発表されたが、当初の内容紹介には香港デモに関する記述はない。

エンタメ情報サイトの「ハリウッド・リポーター」によると、新刊は48ページ、1話完結のストーリー。新しいバットウーマンのキャリー・ケリーが、スーパーマンとワンダーウーマンの娘のララ・ケントとチームを組み、ゴッサムシティに差し迫った危機に立ち向かう。主人公キャリーは、ララの弟のジョナサン・ケントが地球上で最強の力を秘めていることに気付く――「The Golden Child」というサブタイトルが付いているのはこのためだ。

今回の新刊は、2015年11月に前回シリーズ『バットマン:ダークナイト・マスター・レース』が発売されてから約4年ぶりの新作となる。

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、2月の世界生産13.8%減、コロナで生産停

ワールド

トランプ米大統領、人工呼吸器生産巡りGM批判から称

ワールド

豪、企業の給与支払いを最長6カ月助成へ=関係筋

ワールド

中国、新型コロナ新規感染の減少続く 湖北省では6日

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化するのはテレビのせい」

  • 2

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま日本が学ぶべきこと

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 5

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は…

  • 10

    【大江千里コラム】厳戒態勢のNYで考える、「コロナ…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 6

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 9

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 10

    ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月