最新記事

中国ネット

バットマンが火炎瓶で香港デモ支援? 中国ネット激怒で出版社がPR画像を削除

Batman Poster Accused Of Supporting Hong Kong Protesters

2019年11月29日(金)14時00分
トゥファエル・アフメド

同時にDCコミックスは、イメージ画像を削除したことについて、中国からの圧力を受けて自主規制に応じたという批判も受けている。

(チリのバットマンが火炎瓶を投げるとなぜ香港独立に関係するのか?)


「チリ(暴動)で火炎瓶を投げるバットマンがなぜ香港独立(運動)に関係するのか、まったくわからない......皆さんかわります?」という、ツイッターユーザーのコメントがあった。

(DCコミックスにはがっかり。中国人がちょっと書いただけで画像を削除した)


「DCコミックスにはがっかり。中国人がちょっと香港民主化運動のことを書いただけで画像を削除してしまう......中国はアメリカの自由を侵害している」という別のユーザーのコメントもあった。

来年発売予定のシリーズ最新刊『Dark Knight Returns: The Golden Child』は今年9月に製作が発表されたが、当初の内容紹介には香港デモに関する記述はない。

エンタメ情報サイトの「ハリウッド・リポーター」によると、新刊は48ページ、1話完結のストーリー。新しいバットウーマンのキャリー・ケリーが、スーパーマンとワンダーウーマンの娘のララ・ケントとチームを組み、ゴッサムシティに差し迫った危機に立ち向かう。主人公キャリーは、ララの弟のジョナサン・ケントが地球上で最強の力を秘めていることに気付く――「The Golden Child」というサブタイトルが付いているのはこのためだ。

今回の新刊は、2015年11月に前回シリーズ『バットマン:ダークナイト・マスター・レース』が発売されてから約4年ぶりの新作となる。

ニュース速報

ワールド

中国、カナダに一段の措置も 対中圧力は「失敗する運

ビジネス

米ISM非製造業指数、6月は大幅に持ち直し

ビジネス

カナダの企業景況感、「非常にネガティブ」=中銀調査

ワールド

カナダ首相、新貿易協定巡る北米3カ国首脳会談への出

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月