最新記事

2020米大統領選

「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きている

2019年11月11日(月)19時40分
アレクサンドラ・ハッツラー

トランプはケンタッキー州で遊説したが(11月4日) YURI GRIPAS-REUTERS

<前回の大統領選でトランプが圧勝したケンタッキー州で民主党知事が誕生。各地で進む「青」化はトランプの凶兆か>

来年11月の米大統領選まで1年を切るなか、その試金石と目される州知事選で「異変」が起きている。

今月5日、ケンタッキー州でまた1人、民主党の州知事が誕生した。同州で行われた州知事選で、現職知事でトランプ大統領の信奉者である共和党のマット・ベビンが、民主党のアンディ・ベシアに僅差で敗北。ケンタッキーは、2016年の大統領選でトランプが30%差で勝利した州だ。

ケンタッキーでの敗北が何を意味するかは投票日前日、トランプが現地でこう警告していたことからも明らかだ。「負けたら悪い予兆だ。そんな事態は起こさせるなよ」

知事選だけを見れば、共和党の「赤い州」から民主党の「青い州」への反転が進んでいるように見える。2018年の中間選挙では、7州の知事が民主党に代わった。トランプの大統領就任時、共和党の州知事の数は民主党の倍だったが、今やほぼ同数だ。

トランプが案じる不吉な「予兆」は当たるのだろうか。

<2019年11月19日号掲載>

【参考記事】それでも僕らがトランプを支持する理由
【参考記事】弾劾で追い込まれたトランプが再選を投げ出す?

20191119issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月19日号(11月12日発売)は「世界を操る政策集団 シンクタンク大研究」特集。政治・経済を動かすブレーンか、「頭でっかちのお飾り」か。シンクタンクの機能と実力を徹底検証し、米主要シンクタンクの人脈・金脈を明かす。地域別・分野別のシンクタンク・ランキングも。

ニュース速報

ワールド

ブラジルのボルソナロ大統領、新型コロナに感染 発熱

ビジネス

米、5月の採用件数が過去最多 レイオフも減少=雇用

ワールド

WHO、コロナ空気感染の「証拠浮上」 感染経路かど

ビジネス

米経営者が「再び神経質に」、コロナ第2波で=アトラ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月