最新記事

事故

韓国海洋警察庁、竹島付近で墜落した韓国消防当局のヘリ発見

2019年11月1日(金)20時21分

韓国海洋警察庁は竹島(韓国名・独島)付近で31日遅く墜落した韓国消防当局のヘリコプターを水深70メートルの地点で発見したことを明らかにした。YTN NEWS / YouTube

韓国海洋警察庁は1日、竹島(韓国名・独島)付近で31日遅く墜落した韓国消防当局のヘリコプターを水深70メートルの地点で発見したことを明らかにした。

ヘリはけが人を搬送中に墜落。7人が搭乗していた。聯合ニュースはヘリの残骸の近くで1人の遺体が見つかったと報じている。

海洋警察庁は遺体の発見については確認できないとし、捜索を続けていることを明らかにした。

墜落したヘリは、エアバスのH225スーパーピューマ。韓国の文在寅大統領は、国内で運航しているH225の安全点検を指示した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20191105issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月29日発売号は「山本太郎現象」特集。ポピュリズムの具現者か民主主義の救世主か。森達也(作家、映画監督)が執筆、独占インタビューも加え、日本政界を席巻する異端児の真相に迫ります。新連載も続々スタート!


事故機の捜索について伝える韓国メディア YTN NEWS / YouTube

ニュース速報

ワールド

電子たばこ禁止なら違法販売の恐れ、年齢制限で対応=

ワールド

香港壊滅していないのは「私のおかげ」、トランプ氏が

ワールド

ジュリアーニ氏は犯罪取締に精通、ウクライナ巡る起用

ワールド

トランプ氏、米中交渉成立の判断まだ 「合意近いかも

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 6

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 7

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 8

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 9

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 10

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月