最新記事

イスラエル

イスラエル政治の停滞と混迷は続く......やり直し選挙の行方

2019年9月19日(木)11時30分
錦田愛子(慶應義塾大学法学部政治学科准教授)

ネタニヤフ首相率いる与党リクードなど右派勢力は過半数を下回った Ammar Awad-REUTERS

<イスラエルで組閣の失敗のため再選挙が行われた。仕切り直しにより新たな打開への道が開かれることが期待されたが、選挙の結果は前回とほぼ同様の、二大政党が拮抗する形となった......>

イスラエルで9月17日、第22回クネセト(イスラエル議会)総選挙の投開票が行われた。これは約半年前の結果を受けた、やり直し選挙にあたる。

今年4月9日に実施された選挙の結果、僅差で与党となったリクード党のネタニヤフ党首は、組閣を命じられたものの連立交渉に失敗し、議会の解散と再選挙へと進むことになった。イスラエルで選挙後に首班指名された党首が組閣を失敗したため再選挙となるのは、これが初めてである。仕切り直しにより新たな打開への道が開かれることが期待されたが、選挙の結果は前回とほぼ
同様の、二大政党が拮抗する形となった。

「ビビ降ろし」をめぐる選挙

「ネタニヤフか否か」それが今回の選挙の最大の争点だったといえるだろう。リクード党政権を率いるベンヤミン・ネタニヤフ首相は、建国期の英雄と称されるベングリオンを抜いて既に最長任期となっている。汚職疑惑が何年も続き、中東和平に強硬姿勢を示すネタニヤフ政権の存続を、イスラエル国民は今後も望むのか。組閣者指名という重責を担うリヴリン大統領は投票日の朝、「首相を決めるのは党首や大統領ではない。今日の投票にかかっている」と投票所でのインタビューで有権者に語りかけた。

選択権を握るという意識を反映してか、今回のクネセト選挙の最終的な投票率は69.4%で、前回を2.4%上回り、今世紀に入り2番目の高さとなった。

「ビビ(ネタニヤフ首相の愛称)降ろし」の構図は、前回4月の選挙の時点ですでに組まれていた。ベニー・ガンツ元軍参謀総長をはじめとする軍の制服組3人が、人気ニュース・キャスター出身で元財務相のヤイール・ラピッドを共同代表とした中道派政党「青と白」は、まさにネタニヤフ政権打倒を目標に結成されて票を伸ばした。だがその得票は一歩及ばず、春の時点では、リクードが36議席、「青と白」が35議席となり、僅差で勝利したネタニヤフ党首に組閣が命じられた。

同じく「ビビ降ろし」に勝機を見出し、政界に復帰した者もいた。労働党出身で元首相のエフード・バラクは、4月の選挙前にやはり新党「民主的イスラエル」を結成してクネセト選挙に参加していた。「民主主義の完全な解体に直面しているイスラエルを結束させて、正しい道へと戻す」ことを目標としたバラクは、文字通り「ネタニヤフの国か、イスラエル国家か」を選挙のスローガンに掲げた。しかし選挙戦さなかに、未成年者への性的虐待が疑われるアメリカのユダヤ系資産家ジェフリー・エプスタインとの交友が指摘され、前回の選挙では議席数を伸ばすことができなかった。

こうして4月の選挙ではネタニヤフによる首位は崩せなかったものの、組閣が実現しなかったことから、政権基盤はもはや盤石ではないとの希望を抱かせることになった。今回の選挙は対抗勢力の間で、ネタニヤフ長期政権を終わらせる好機と捉えられた。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

7月の中国人民元建て輸出、前年比10.4%増 輸入

ビジネス

消費税率、簡単に切り下げる話には与しない=麻生財務

ワールド

英国、ベルギーなどからの入国者に隔離義務付け 新型

ワールド

アフリカの新型コロナ感染者、100万人突破=ロイタ

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史からそれは明らか

  • 3

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい対日決議はなぜ起きたか

  • 4

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    死刑に賛成する弁護士もいる、終身刑ではいけない理…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    フィリピン首都マニラ都市圏が再ロックダウン 新規…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 8

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 9

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月