最新記事

動画配信サービス

アップルが「Apple TV+」1年間無料で仕掛ける動画配信戦争

2019年9月17日(火)18時00分
佐藤由紀子

<Appleは9月10日に「iPhone 11」などの新製品を発表したが、動画配信サービス「Apple TV+」が話題だ......>

Appleは9月10日に本社キャンパスの「スティーブ・ジョブズ・シアター」でスペシャルイベントを開催し、「iPhone 11」などの新製品を発表した。このイベントでは、Appleオリジナルの動画コンテンツを月額制で提供する定額サービス「Apple TV+」の価格と開始時期も明らかになった。

11月1日から、月額5ドルでスタートする。日本でも同日、月額600円でのスタートだ。ティム・クックCEOは「DVDを1枚レンタルするより安い。クレイジーだね」と語った。

対ディズニー、「後出しじゃんけん」の価格とスタート時期

確かに、同様の定額動画サービスより戦略的な価格だ。Netflixの最も安価なプランは月額9ドル(日本では800円)、Huluは6ドル(広告付き。日本での最低価格は933円)だ。

そして、Walt Disneyが4月に発表し、11月12日に米国などで開始する「Disney+」は月額7ドル。Appleの発表した価格とスタート時期は、まるでDisney+に対する"後出しじゃんけん"のようだ。

Walt Disneyのボブ・アイガーCEOはAppleのスペシャルイベント当日、8年務めたAppleの取締役を辞任した。Apple TV+自体は6月に発表されていたが、10日のイベントでその本気度が明らかになり、Disney+と競合することがはっきりしたためとみられる。

定額動画サービスは、価格だけでなく、キラーコンテンツがあるかどうかが重要だ。HBOのオリジナル作品「ゲーム・オブ・スローンズ」の大ヒットは記憶に新しい。その点では、Pixar、Lucas Film、Marvel、National Geographics、21st Century Foxなどを傘下に持つDisneyは盤石だろう。

一方のAppleも準備に抜かりはない。SFやサスペンス、スヌーピーの新作などのオリジナルでアピールしている。架空世界の物語「SEE」のトレーラーは、まるでゲーム・オブ・スローンズの1場面のようだ。

「SEE」のトレーラー


無料で1年間、の破格

Appleは、自社製ハードウェアをプロモーションに使えるという強みも持っている。新しいiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TVを購入すると、Apple TV+を無料で1年間楽しめることになっているのだ。例えば1万9800円の「Apple TV 4K」を買えば、7200円分のApple TV+を無料で視聴できることになる。お試し期間が3カ月というサービスは多いが、1年間は破格だ。

Apple TV+を視聴するには、Appleのハードウェアで稼働する「Apple TV」アプリが必要だ。Apple TV+見たさでApple製品を初めて購入する、というケースは考えにくいが、一度Apple TV+を利用したユーザーは、Appleのハードウェアから離れにくくなるだろう。

定額動画サービスのシェア争いで、Appleがトップに立つことはないかもしれないが、ハードウェア販売との相乗効果は見込めそうだ。

(※9月18日、追加修正いたしました)

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ロンドン証取、第3四半期は増収増益 デリバティブ清

ワールド

韓国首相、安倍首相と24日に会談の見通し=韓国政府

ワールド

ゴールドマン、「合意ある英EU離脱」の確率を65%

ワールド

NBA、香港デモ問題で多額の金銭的損失=コミッショ

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月