最新記事

アップル

財布やポケットに入れてはいけない、新アップルカードにユーザーは困惑しきり

Apple's New Credit Card Should Be Kept Away From Leather And Denim

2019年8月23日(金)18時00分
イソベル・バンハーゲン

チタン製で表面がコーティングされているために取り扱いには注意が必要らしい APPLE

<変色しないように革製品やデニムからは離して、汚れたらマイクロファイバー繊維で柔らかくふき取る......>

アップルは今月20日に新たなクレジットカードサービス「アップルカード」をアメリカで開始したが、このカードの取り扱いがあまりに厄介なため、SNS上では多くのユーザーがジョーク投稿をアップしている。

アップルは、このアップルカードの「変色」を防ぐために、革製品やデニム素材から離すように指示している。しかしそれでは革製の財布やジーンズのポケットにも入れられないことになる。このため、ユーザーはその「あまりの繊細さ」に驚いている。

ツイッター上には「デニムのジーンズは全部捨てて、レザーの財布はもう使わない」とか、皮肉たっぷりに「特別な布を使って綺麗にする。財布とかポケットには入れない。合理的だね」といった投稿が溢れている。

(アップルカードを使うために新しい作業服を買ったよ)

アップルカードは他のクレジットカードとの違いが際立つように、チタン製で表面はつや消しの白で仕上げられている。アップルはカードのクリーニングや手入れ、保管方法についての注意事項を公式サイトにアップした。

それによると、もしカードが汚れたら、柔らかくて少し湿った、糸くずの出ないマイクロファイバー繊維でふき取り、さらに繊維をアルコールで少し湿らせてもう一度拭いてもいいという。一般的な家庭用洗剤や圧縮空気、エアロゾルスプレー、溶剤、研磨剤、アンモニア等は避けなければならない。

そしておそらく一般的にクレジットカードを入れておくことが多いはずの革製品やデニムに密着させると、つや消し白で仕上げられた表面が変色することがあるという。固い表面や素材のものでこするのも厳禁だ。

(シリ、ほとんどの財布って何で出来ている? シリ、ズボンの素材には何が一番使われている?)

今月アメリカでサービスが始まったこのアップルカードは、通常のクレジットカードとしても使えるが、アップルから製品を購入した場合は3%のキャッシュバックがあるところがアップルユーザーには魅力となっている。

ニュース速報

ビジネス

アングル:香港国安法を投資家が歓迎、「本土資金」に

ワールド

東京都の新たなコロナ感染は107人、大型連休以来の

ワールド

温暖化対策、パリ協定の目標達成には一段の技術革新必

ワールド

バイデン陣営、選挙資金調達額がトランプ陣営上回る 

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 5

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 6

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 7

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 8

    海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

  • 9

    山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現在のシステムを焼き払う」の衝撃

  • 4

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 5

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 6

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 7

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 8

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 9

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 6

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 7

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    木に吊るされた黒人男性の遺体、4件目──苦しい自殺説

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月