最新記事

トランプ

トランプの「国に帰れ」発言に全米が人種差別反対コール

#RacistInChief Trends on Twitter After Donald Trump's 'Go Back' Tweet

2019年7月16日(火)15時30分
クリスティナ・チャオ

トランプに「国へ帰れ」と言われて反論する民主党の新人下院議員4人(7月15日、ワシントン) Erin Scott-REUTERS

<自らに批判的な民主党の新人女性議員4人に宛てたツイートが大炎上、「#人種差別の最高司令官」「#トランプはレイシスト」がトレンド入り>

ドナルド・トランプ米大統領が7月14日、自らに批判的な民主党議員4人に対して「国に帰れ」とツイートしたことが大炎上している。ツイッターのユーザーたちはトランプを「レイシスト(人種差別主義者)」と強く非難し、「#RacistInChief(人種差別の最高司令官)」「#TrumpIsARacist(トランプはレイシスト)」のハッシュタグが全米でトレンド入りした。

トランプは7月14日朝、民主党の「進歩的な」新人議員と同党のナンシー・ペロシ下院議長との間で移民対策をめぐる対立が続いていることに言及。これらの新人女性議員は「元々は政府が完全な壊滅状態にある国から来た」として、破産し犯罪まみれの国の再建を手伝ってはどうか、と促した。「ナンシー・ペロシも喜んで無料で帰国できるよう手配をしてくれるだろう!」

<参考記事>アメリカを諦めはじめた中米移民とメキシコの過酷な運命

標的は民主党の新人女性4人組

ツイートの中でトランプは、この「進歩的な女性議員」が誰かを名指しはしなかったが、反トランプの急先鋒として注目を集める民主党下院の新人4人組、「スクワッド」のことを指しているのは明らかだ。トランプは、アレクサンドリア・オカシオコルテス(AOC)、イルハン・オマル、ラシダ・トレイブとアヤナ・プレスリーの4人はいずれも外国生まれのように言っているが、実際には外国生まれはオマルだけ。オマルは元ソマリア難民で、17歳の時に米市民権を取得した。他の3人は全員アメリカ生まれだ。

トランプの人種差別ツイートに真っ先に反論したのが、このところメキシコ国境の移民対策をめぐって移民保護に傾き過ぎる4人との確執が表面化していたペロシだ。ペロシは「女性下院議員に『国へ帰れ』と促したツイートによって、ドナルド・トランプの『アメリカを再び偉大にする』というスローガンは、『アメリカを再び白人の国にする』という意味だったことが確認された」と、トランプを非難した。

<参考記事>オカシオコルテスの過激発言が波紋「まるで強制収容所」

オカシオコルテスら他の民主党議員たちもすぐに、トランプのツイートを非難。大勢のツイッターユーザーも同様の反応を示し、14日午後には「#RacistInChief(人種差別の最高司令官)」「#TrumpIsARacist(トランプはレイシスト)」のハッシュタグがトレンド入りし始めた。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月