最新記事

コーシャ

イスラエル大使がツイートした「墓穴」修正写真にユダヤ人失笑

Israeli Embassy Tries to Hide Ambassador's Non-Kosher Lobster in Photo

2019年7月9日(火)18時32分
マット・キーリー

いけないモノを食べていたブラジルのボルソナロ大統領(左)とシェリー・イスラエル大使 Israeli Embassy in Brazil/Twitter

<イスラエルの公人ともなると、厳しい戒律を破るのを見つかれば大事、隠そうとしてバレれば笑い者>

駐ブラジル・イスラエル大使のヨッシ・シェリーは先日、ブラジル大統領ジャイル・ボルソナロとのランチ写真を、なんの気なしにツイッターに投稿した。

ところが、テーブルにのっていた料理は、ユダヤ教の戒律で食べることを許されたコーシャフードではないロブスター。それを隠すために画像修正したものの、雑な修正だったせいでロブスターが透けて見え、写真はあっという間に拡散した。

シェリーとボルソナロは7月7日、ブラジルで開催されていたサッカー南米選手権「コパ・アメリカ」の決勝戦直前に、首都ブラジリアにあるシーフードレストランで昼食をともにした。だがロブスターはどちらの首脳にとってもまずかった。ボルソナロは、ブラジルではロブスターは贅沢品であるとして批判を浴びた。シェリーは、ユダヤ教の食の決まりを破っているとバッシングを受けた。ユダヤ教では、ロブスターのようにひれと鱗のない魚介類は禁じられている。

イスラエル人ジャーナリストのノア・ランダウはヘブライ語で、「ブラジル駐在のイスラエル大使は(画像加工ソフト)フォトショップの専門家を雇ったほうがいい」とツイート。また、多くのユーザーが、黒く塗りつぶされた部分にロブスターの絵を貼りつけたり、スレッドにロブスター関連のGIF画像をアップロードしたりして大使を笑
っている。

修正するなら完璧にしよう


持ちつ持たれつの関係

イスラエルとブラジルは、外交的に密接な関係にある。シェリーは、ボルソナロが大統領選で勝利をおさめたあとにブラジルに赴任した最初の外国大使だ。さらに、イスラエル首相のベンヤミン・ネタニヤフは、2019年1月に行われたボルソナロの大統領就任式に出席、ブラジルを訪問した初のイスラエル首相となった。

ボルソナロは4月、ホロコーストについて次のように発言した。「私たちは、許すことはできるが、忘れることはできない。自分たちの過去を忘れる者に未来はない」

これを受けて、ホロコースト犠牲者を追悼するエルサレムの国立記念館「ヤド・ヴァシェム」などユダヤ人の多くが、ホロコーストは「許される」類いのものではないとボルソナロを批判した。しかし、シェリーはイスラエル軍ラジオでボルソナロを擁護し、「ボルソナロは、許しは個人的な問題だと言っただけだ。人々は許すかもしれないが、彼個人は許さないという意味だ」と述べた。

ボルソナロは5月、「南十字国家勲章」をシェリーに授与した。この勲章は、ブラジルに大きく貢献した外国人に対して与えられる、同国最大の栄誉だ。

コーシャフード・ベスト10

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月