最新記事

アメリカ外交

トランプ、米政権批判のイギリス大使を非難 メイ首相に不満も

2019年7月9日(火)09時30分

トランプ米大統領は、英国のキム・ダロック駐米大使と「今後対応しない」と言明した。写真は2017年1月、ワシントンのホワイトハウスでトランプ氏(左)とメイ英首相の記者会見を聞くダロック大使(中央)(2019年 ロイター/Carlos Barria)

トランプ米大統領は8日、英国のキム・ダロック駐米大使と「今後対応しない」と言明した。同大使が英政府向けの機密メモで、トランプ政権を「機能不全」で「無能だ」と評していたと報じられたことが背景。

トランプ氏はメイ英首相のことも批判。英政府当局者らは機密メモの流出に遺憾の意を表明した。

メイ首相の報道官は記者団に対し、メモ流出について「トランプ政権と連絡を取り、容認できないとの見解を伝えた。このようなことが起きたのは遺憾だ」と述べた。

トランプ大統領はツイッターへの投稿で「私はこの大使のことを知らないが、この人物は米国内で好かれることも、良く思われることもない。われわれは今後対応しない」と述べた。

退任が決まっているメイ首相についても英国の欧州連合(EU)離脱を巡る対応を批判。「メイ氏と彼女の代表はとんでもない混乱を引き起こしてくれた。私は対処の仕方を指南したが、彼女は別の方法を選んだ」とし、「近く新首相が就任することは偉大な英国に朗報だ。先月の素晴らしい公式訪問はとても楽しかったが、私が最も感銘を受けたのはエリザベス女王だった!」と述べた。

トランプ氏のツイートから数時間後にメイ首相の報道官は、メモ流出は遺憾だとの英国の見解を改めて表明。その上で「(ダロック大使は)引き続き首相の完全な支持を得ている」と述べた。

ワシントンを訪問中のフォックス英国際貿易相はBBCラジオで、会談を予定するトランプ氏の娘イバンカ氏に謝罪すると表明した。

また、次期英首相候補のハント外相は「私は米政権についてや米政権との関係に関する大使の評価に同意しないことを明確にしている。ただ彼が率直な評価を下す権利は擁護する」と述べた。その上で、メモを漏えいした人物は「重大な結果」に直面するとした。

ブレグジット党のファラージ党首は、次期英首相候補のボリス・ジョンソン氏が首相に選出された場合、ダロック大使のような人物は「姿を消す」だろうと指摘した。ファラージ氏はトランプ氏と関係が近いが、自身が次期駐米大使になる可能性については排除。BBCラジオに対し「私はそのポストの適任者ではないと思う」と語った。

今回の機密メモ流出を巡っては調査が進められている。メイ首相の報道官は、犯罪性を示す証拠が見つかれば警察が関与するとしている。

[ワシントン 8日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月