最新記事

移民

トランプ、メキシコと不法移民対策で合意 関税発動を停止

2019年6月8日(土)11時34分

6月7日、トランプ米大統領は、不法移民対策を巡りメキシコと合意したことを明らかにし、メキシコ製品への制裁関税発動を無期限で停止すると表明した。写真は米・メキシコ国境。5月25日撮影(2019年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

トランプ米大統領は7日、不法移民対策を巡りメキシコと合意したことを明らかにし、メキシコ製品への制裁関税発動を無期限で停止すると表明した。メキシコが不法移民対策を強化することで合意し、米・メキシコの「関税戦争」はひとまず回避された。

トランプ大統領は、ツイッターへの投稿で「米国はメキシコと合意文書に署名した。よって10日に発動する予定だったメキシコに対する関税は無期限で停止された」と述べた。

「メキシコは、同国を経由し米南部の国境に押し寄せる移民の波を阻止する強力な措置を講じることに合意した。これは、メキシコから米国への不法移民の大幅に減らす、または排除するための措置だ」としている。

トランプ大統領は5月末にメキシコの不法移民対策の不備を理由にメキシコ製品に最大25%の制裁関税を課すと表明。今週、ワシントンで米国、メキシコ双方の当局者が3日間にわたり協議していた。

米国とメキシコの共同声明によると、メキシコは米国に入国した難民申請者の審査が行われる間、メキシコに送還して待機させる措置を拡充することで合意。また、メキシコが国境警備要員の派遣など、不法移民対策を強化するとしている。

共同声明は「米国は南部国境における現行の移民保護手続きを直ちに拡充する」とし、「米南部国境を越えて入国した難民申請者はただちにメキシコに送還され、そこで審査を待つことになる」と説明。「メキシコは、これらの人々が難民審査を待つ間、国際的義務に則り人道的理由で入国を認める」としている。

一方、米国は、メキシコを「安全な第三国」に指定し、中米からの難民申請者の大半をメキシコが恒久的に受け入れることを要求していたが、今回の合意にそれは盛り込まれなかった。

共同声明によると、両国は不法移民に関する協議を継続し、今回の合意が「所期の成果をもたらさない場合は追加措置を講じる」方針で、それを90日以内に発表する。

ワシントンで米と協議していたメキシコのエブラルド外相は、10日から国境警備要員を派遣する予定としている。

エブラルド外相は、合意に満足していると評価。「交渉が始まった時点では、米国はより強硬な措置を提案していたが、最終的にはその中間をとった内容の合意となった。公平なバランスだと思う」とし「安全な第三国」が合意に盛り込まれなかったことの重要性を強調した。

外相はまた、中米移民の増加の背景にある要因に対して共同で取り組むというメキシコ側の提案を、米国が支持したことに言及した。

ポンペオ米国務長官は、別途、メキシコのエブラルド外相に謝意を示す声明を発表。「米国はメキシコと協力してこれらのコミットメントを履行し、米南部の国境から入国する不法移民の波を阻止して国境を強固で安全なものにすることを期待している」と述べた。

*内容を追加します。

[ワシントン/メキシコ市 7日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

中国の貿易は試練に直面、中小企業は新型ウイルスに苦

ビジネス

訂正:米航空・ホテル各社が予約変更可能な国拡大、新

ビジネス

ユーロ圏企業向け融資、1月は2年ぶりの低い伸び 家

ワールド

新型ウイルス、中国本土の新たな感染者433人・死者

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

  • 3

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    米軍を襲ったイラン謎の衝撃波、解明には数年かかる

  • 10

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月