最新記事

日本社会

この10年間で一気に日本全国で顕在化した「8050問題」

2019年6月20日(木)15時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

引きこもりの中高年が劣等感や将来への絶望感に苛まれているケースも多い Masafumi_Nakanishi/iStock.

<親と同居する引きこもり中高年の問題は、都市部よりもむしろ地方部で深刻化している>

「8050問題」に社会的関心が高まっている。80代の老親と、引きこもりが長期化して50代の子が同居している世帯の問題だ。

中高年が親と同居する事情は様々だが、基礎的生活条件を親に依存し続けることは憂慮される。親はいつまでも元気ではない。同居している親は「自分がいなくなったら、この子はどうなるのか」と気をもんでいる。

同居している子も心中は穏やかでなく、劣等感や将来への絶望感に苛まれているケースが多い。それが暴発したのが、先月に川崎市で起きた通り魔事件だった。容疑者は叔父夫婦と同居する51歳の男性で、長らく引きこもりの状態にあったという。数日後には、年老いた元官僚が同居する40代の息子を刺し殺す事件も起きている。通り魔事件と同じような凶行を起こしかねないと危惧したためだ。

似たような状況にある人は、統計で見てどれほどいるか。2015年の『国勢調査』によると、親と同居する50代の未婚・無業男性は16万7094人となっている。50代の男性人口に占める割合は2.2%だ。50代男性の45人に1人が、親同居の未婚無業者ということになる。

この数値には地域差もある。数値に基づいて47都道府県を塗り分けると、<図1>のようになる。左は2005年、右は2015年のマップだ。

maita190620-chart01.jpg

この10年間で地図の模様が濃くなっている。50代の親同居・未婚無業男性の率が2.5%(40人に1人)を超える県は、2005年では2県だったが2015年では16県に増えている。「8050問題」の裾野が広がっているのがわかる。

上位には地方周辺県が多い。雇用がないためだろうか。家が広い、親が勤勉志向で貯蓄があるなど、子をパラサイトさせる条件もあるのではないかと考えられる。

「50にもなって仕事もせず、親のすねをかじりながら実家に居座り続けるなんて」と、いぶかしく思う人もいるかもしれない。親が高齢になれば、今のぬるま湯はやがては水風呂、いや氷風呂になる。社会学者の山田昌弘・中央大教授は、著書『パラサイト・シングルの時代』(1999年)で事態を憂いて親同居税の導入を提言している。

ニュース速報

ビジネス

日銀、生産判断の下方修正を検討へ=関係筋

ビジネス

焦点:社用機の私的利用、米企業の租税負担に重圧

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密

ビジネス

米ホワイトハウス、議会に弾劾公聴会への参加拒否を通

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 9

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 10

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 9

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月