最新記事

イギリス

英EU離脱どう動く? 次の政権は短命に終わる可能性が高い

2019年5月27日(月)11時15分
オーエン・マシューズ

不人気な首相が去っても保守党の苦境は終わらない(5月24日、辞意を明らかにしたメイ) HANNAH MCKAY-REUTERS

<EU離脱の迷走を理由にメイ首相がついに辞意表明。しかし、誰が後任になっても、ブレグジットの十字架からは逃れられない>

5月24日、ブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる混乱を理由にメイ首相が辞任の意向を明らかにした。この辞意表明は、与党・保守党を待つ未来の厳しさをあらためて浮き彫りにした。

幹部の間では、党の先行きへの悲観論も広がっている。支持者の間では、いつまでもブレグジットを実行できない政権への不満が強い。このままでは、離脱強硬派のナイジェル・ファラージュ率いるブレグジット党への支持者の流出が続くだろう。

「離脱強硬派が次の党首になることは避けられないが、メイが結んだものより有利な離脱協定案をEUとの間で結ぶことは誰にもできない」と、ある元閣僚は言う。「(離脱後も)EU加盟国としての恩恵を全て保持できるように協定案を交渉し直すことなど不可能だ......それを約束しておいて実行できなければ、私たちは有権者から厳しく罰せられるだろう」

少なくとも最近の1年間の世論調査を見る限り、イギリスの世論全体はEU残留に傾いているようだ。残留支持が離脱支持を一貫して上回っている。

しかし、残留派の政党はどこも有権者の心をつかめていない。欧州議会選前に行われた世論調査によれば、残留派の自由民主党、チェンジUK、緑の党、そしてスコットランドとウェールズの民族主義政党を合わせた支持率は30%に届かない。

最大野党の戦略も裏目に

方針がはっきりしないのは最大野党の労働党だ。支持者の大半は残留派だが、党指導部はこの問題で態度を鮮明にすることを避けている。

コービン党首は「おいしいところ取り」をしようとしていると、ブレア元首相の側近だった人物は指摘する。どっちつかずの態度を取ることで離脱派と残留派の両方から支持を得たいともくろんでいるらしい。

コービンと側近たちの作戦は裏目に出たようだ。労働党は、離脱派からも残留派からもそっぽを向かれ始めている。支持者の中でも離脱派はブレグジット党に、残留派は自由民主党に流出している。5月初めの統一地方選で自由民主党と緑の党が躍進したことからも明らかなように、ブレグジット問題は保守党だけでなく、労働党の未来にも暗い影を落としているのだ。

「労働党が次の総選挙で勝ちたければ、反ブレグジットの姿勢を強く打ち出すしかない」と、この人物は言う。「コービンは、党員と有権者の多数派の声に従うべきだ」

ニュース速報

ビジネス

カナダ中銀、金利1.75%に据え置き 将来の利下げ

ビジネス

米中古住宅販売、12月は2年ぶり高水準 低金利が支

ワールド

WTO事務局長が来週にも訪米、米大統領「劇的なこと

ワールド

米国務長官、トランプ氏弾劾裁判で「必要なら証言の用

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月