最新記事

ロシア疑惑

米司法省ロシア疑惑報告書を公開 トランプの司法妨害の可能性ある行動を列挙

2019年4月19日(金)11時00分

米司法省は2016年大統領選のロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査報告書を公開した。写真は公開された報告書(2019年 ロイター/ANDY SULLIVAN)

米司法省は18日、2016年大統領選のロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査報告書を公開した。トランプ大統領がモラー氏の排除を側近に訴えるなどしていかに捜査の妨害を試みたかが詳細に記されており、司法妨害の罪を犯した可能性について疑問を残す内容となっている。

野党民主党は、大統領の不正行為を裏付ける憂慮すべき証拠が含まれており、議会の調査が必要になる可能性があると指摘。ただ、弾劾裁判にかけようという動きは現時点で出ていない。

モラー氏は448ページに及ぶ報告書で、大統領による司法妨害を示す事例を数多く取り上げたが、罪を犯したとは結論付けなかった。一方、潔白も証明していない。モラー氏は、大統領が法律を違反したどうかについては、議会に調査の権限があると指摘した。

報告書には「議会が大統領の誤った職権行使に妨害法規を適用する可能性があるとの結論は、チェックアンドバランスをうたう憲法制度や、法の上に立つ人はいないという原理原則にかなう」と記されている。

モラー氏は、ロシア政府とトランプ陣営の間の「多数のつながり」が判明し、陣営が「ロシアの取り組みを通じて窃盗・公表された情報によって選挙で恩恵を受けると見込んでいた」と報告。これはハッキングされた民主党陣営の電子メールを指している。

ただ、選挙介入で双方が犯罪的共謀に関与した十分な確証は得られなかったと結論付けた。

大統領はホワイトハウスでのイベントで、報告書公表を受け「良い1日になった」と歓迎する姿勢を強調。「共謀も司法妨害もなかったということだ」と述べた。同氏の法務チームは報告書は大統領側の「完全な勝利」と主張した。

報告書は、機密情報などを保護する理由で一部を除いて公表された。大統領がどのようにしてモラー氏排除を試みたかや、自身の無実を公に保証するよう政権メンバーらに指示したか、モラー氏に協力させないよう元側近に恩赦をちらつかせたかについて、新たな詳細が示された。

「捜査に影響を及ぼす大統領の試みは大半が成功しなかった。大統領を取り巻く人々が指示を実行しなかったか要求を受け入れなかったことが主因だ」と報告している。

大統領はモラー氏が特別検察官に任命されたことで自身の職が終わりを迎えると考えていたことも分かった。

当時のセッションズ司法長官が17年5月にモラー氏任命を大統領に報告した際、大統領は「何てことだ。これはひどい。これで私の大統領職は終わりだ」と述べた上で、「なぜこのような事態になったのか」と失望感を示したという。

ニュース速報

ワールド

アングル:1942年の日本軍ダーウィン奇襲 静かに

ワールド

焦点:ベイルート大爆発の謎、硝酸アンモニウムは「所

ワールド

アングル:聖域「王室」にも、タブーに挑むタイ若者の

ビジネス

米アップル、iOSアプリ手数料減免を拒否=FB

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 8

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月