最新記事

ロシア軍

ロシア軍は超能力を使っている?

Russian Military Uses Psychics Claims Ministry Magazine

2019年4月5日(金)16時00分
ブレンダン・コール

「戦闘目的の超心理学は、実際に一定の地位を占めてきた。(中略)この手法は、ソ連科学アカデミーが人間が持つ驚異的な能力を発見しようとした試みのなかで開発された」と、マトビチュクは述べた。

しかし、ロシア科学アカデミーでニセ科学の撲滅に取り組む委員会の座長を務めるエフゲニー・アレクサンドロフはRBC誌に対し、「戦闘目的の超心理学」などというものは、ニセ科学が生み出した概念だと一蹴した。

「こうした取り組みは実際に存在し、開発も行われ、機密扱いになっていた(中略)。しかし、世界の多くの国と同様に、これらの研究はすべて、今ではニセ科学的の烙印を押されており、まったく意味がないものだ。超心理学など存在しない。おとぎ話だ」と、アレクサンドロフは断じた。

「いかなるものであれ、離れたところにいる人間に思念を伝達できるとの主張には、科学的根拠はなく、そうした報告例は存在しない。まったく不可能だ」と、アレクサンドロフは付け加えた。

(翻訳:ガリレオ)

20190409cover_200b.jpg

※4月9日号(4月2日発売)は「日本人が知らない 品格の英語」特集。グロービッシュも「3語で伝わる」も現場では役に立たない。言語学研究に基づいた本当に通じる英語の学習法とは? ロッシェル・カップ(経営コンサルタント)「日本人がよく使うお粗末な表現」、マーク・ピーターセン(ロングセラー『日本人の英語』著者、明治大学名誉教授)「日本人の英語が上手くならない理由」も収録。


MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 9

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月