最新記事

医療

無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

Girl’s Feet Infested With Sand Fleas After She Played in a Pigpen Barefoot

2019年4月5日(金)15時10分
ハンナ・オズボーン

スナノミは浜辺や家畜小屋などの砂地に生息する Tramino/iStock.

<皮膚から潜り込んで足に寄生し、最悪の場合は切断に至らしめるスナノミは要注意の寄生虫だ>

ブラジルの農村部に旅行した10歳の少女の足の裏が、醜い穴だらけになってしまった。無数の丸い穴は中央が黒く、周囲が盛り上がっている。かゆみと痛みで診療所を訪れると、世界最小のノミであるスナノミが皮膚を破って大量に寄生しているという。

医学雑誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』に掲載された症例写真では、少女の両足の裏全体が雌のスナノミが寄生して起こる炎症性の皮膚疾患「スナノミ症」にかかっていた。患部を押すと白っぽい虫(スナノミ)が次々と出てきたという。

原因は、家族と一緒にブラジルの農村部に旅行したときに、裸足のまま豚小屋で遊んだことだという。

webs190405-flea02.jpg

スナノミに寄生された少女の足 NEJM

寄生と産卵のサイクルを繰り返す

スナノミは、世界中の熱帯、亜熱帯の全域に生息している。通常は砂浜、家畜小屋、農場といった砂地に生息する。世界保健機関(WHO)によると、雌のスナノミは皮膚の内側、特につま先や足の裏、足やかかとの縁に潜り込んで産卵する。スナノミはジャンプ力が弱いため、スナノミ症の症例の99%は足で発生している。

「寄生したスナノミは2週間で2000倍の大きさに成長し、かゆみと患部の炎症を引き起こす」と、WHOの疾病情報には書かれている。「患部の細菌感染によって、化膿、リンパ管炎を起こすこともある。患部が多数になり、炎症が激しいと歩行困難になる」

WHOの推計によると、南北アメリカの2000万人以上がスナノミ症のリスクにさらされている。産卵と寄生のサイクルを何度も繰り返すとやがて足が壊疽し、切断が必要になる場合もある。

今回の少女は以前にすべての破傷風ワクチンを接種していたため、スナノミの除去と患部の手当てで完治した。

足以外の部位のスナノミ症の症例は極めてまれだが、2018年1月にネパールで男性が性器に寄生された例が報告されている。「カトマンズの65歳の男性が、ペニスに痛みを伴う小さなコブができて外科手術を受けた」と報告されている。

20190409cover_200b.jpg

※4月9日号(4月2日発売)は「日本人が知らない 品格の英語」特集。グロービッシュも「3語で伝わる」も現場では役に立たない。言語学研究に基づいた本当に通じる英語の学習法とは? ロッシェル・カップ(経営コンサルタント)「日本人がよく使うお粗末な表現」、マーク・ピーターセン(ロングセラー『日本人の英語』著者、明治大学名誉教授)「日本人の英語が上手くならない理由」も収録。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決 中国による統制懸念強ま

ビジネス

米アマゾン、印通信バーティ出資で初期段階の協議 2

ワールド

スペイン、6月22日に仏・ポルトガル国境規制を全面

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月