最新記事

運転免許

93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめます」

2019年4月24日(水)17時00分
松丸さとみ

エリザベス女王の車好きは有名だが...... The Tig-Youtube

<英国のエリザベス女王は、自動車の運転好きで知られていたが、先月、93歳となり「もう車の運転をしない」と決意したという......>

殿下の事故受け、お付きの人から助言

先日21日に93歳の誕生日を祝った英国のエリザベス女王が、最近決意したことがある。「もう車の運転をしない」ということだ。

日本でも高齢者が運転する車が事故を起こす悲しいニュースが相次いでいるが、英国でも高齢ドライバーが免許の自主返納を決断する傾向にある事情は同じようだ。

エリザベス女王の夫君、エディンバラ公フィリップ殿下(97)が今年1月、交通事故を起こした話は記憶に新しい。英国王室の別邸サンドリンガム・ハウス近くで運転中に別の車に衝突し、女性を負傷させてしまった。フィリップ殿下は無傷だったものの、殿下の車が横転したほどの事故だった。

それからからわずか2日後、今度はシートベルトなしで公道を運転する姿が写真に撮られてしまい、警察当局から注意を受けた。最初の事故から3週間後の2月9日、フィリップ殿下は運転免許証を自主返納したという。

ザ・タイムズ紙によると、フィリップ殿下のこうした事故を受けて、王室セキュリティ・チームから助言を受け、エリザベス女王は公道で車を運転するのをやめると決意したのだという。ただし、女王は車を運転するのに免許証は不要なので、「免許返納」という概念はない。

なお、英国では運転免許証に年齢の上限はなく、日本のように高齢ドライバーが更新時に受ける認知機能検査もない。

女王特権で免許不要、かつては自動車整備も

エクスプレス紙によると、英国の運転免許証は女王の名前で発行されるため、女王本人は車を運転するのに免許証は必要ないと英国の法律で定められている。当然、女王は運転技能のテストを受ける必要もない。

「そもそも女王なのだからお抱えドライバーがいて自分で運転なんてしないでしょ?」と思う人もいるかもしれないが、実はエリザベス女王の車好きは有名で、自分で運転している姿は頻繁にメディアで報じられている。日本の感覚からすると王室の人間、しかも元首が自らハンドルを握るということ自体驚いてしまうが、女王は第2次世界大戦中、補助地方義勇軍(英国陸軍の女性部隊)で自動車の整備士をしていた。そのため、自動車に関する知識は運転だけにとどまらないだろう。

そんな車の好きの女王ゆえ、タイムズ紙は、運転をやめるというのにはかなり渋々同意したのではないかと報じている。女王はそのため、王室所有の私有地では今後も元気に運転を続けるとみられている。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング