最新記事

アメリカ政治

スタバ前CEOのシュルツに、大統領選出馬前から退場勧告

THE FATE OF INDEPENDENT CANDIDATES

2019年2月12日(火)17時15分
ジョシュア・スピバク(ニューヨーク州ワグナーカレッジ上級研究員)

無所属の独立系候補として出馬を検討中のシュルツだが Andrew Kelly-REUTERS

<二大政党に属さず大統領選に挑む「第3候補」は既に負けが確定していると、あの「先輩」も警告する>

コーヒー店チェーン、スターバックスのハワード・シュルツ前CEOが、2020年の米大統領選に無所属の独立系候補として出馬することを真剣に検討中――このニュースは、主に批判的な声を伴って報じられた。

16年の大統領選でドナルド・トランプが予想外の勝利を手にしたことで、億万長者たちが次はわれこそと思う気持ちも分からなくはない。だが最終的に大統領の座を得る者は、共和党か民主党という二大政党のどちらかに属していると相場が決まっている。20年11月に本選が行われる頃には、無所属候補シュルツのことなど記憶のかなたに追いやられているだろう。

もちろん過去には、最終的に第3候補が重要な、時に決定的な役割を果たしたこともあった。00年に緑の党から出馬した消費者運動家のラルフ・ネーダーは、民主党候補だったアル・ゴア副大統領のフロリダ州での敗北と、大統領選そのものの敗北に影響を与えたとみられている。16年の大統領選では、緑の党から出馬したジル・スタインが民主党候補のヒラリー・クリントンから票を奪い失速させたと言われる。それより前では、1992年にテキサス州の実業家ロス・ペローが無所属で出馬し、一般投票で19%を獲得、テキサスを牙城とするブッシュ大統領の再選を阻んだ。

盛り上がるのは最初だけ

しかしこれらの第3候補には、他の共通点もあった。大統領選で勝利することはおろか、本選ではただの1人も選挙人を獲得できなかったのだ。本選で選挙人を獲得できた第3候補を挙げるためには、公民権運動中の68年に出馬した元アラバマ州知事ジョージ・ウォレスにまでさかのぼらねばならない。 

現在の連邦議会で無所属の議員といえばバーニー・サンダースとアンガス・キングという2人の上院議員だけだが、この2人は民主党のお墨付きを得て当選した。二大政党の候補があまりに不人気な場合に第3候補が勝利することがごくまれにあったとしても、それは州や地方政府レベルに限られる。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月