最新記事

米朝首脳会談

米朝首脳会談、28日に合意文書署名 非核化巡る1日目の協議終了

2019年2月28日(木)07時32分

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はベトナムの首都ハノイで2回目の首脳会談を行った(2019年 ロイター/LEAH MILLIS)

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日、ベトナムの首都ハノイで2回目の首脳会談を行った。米政府は今回の会談で平和と発展を確約する見返りに核を放棄するよう説得したい考え。米ホワイトハウスは、両首脳が28日の会談後に「合意文書」に署名すると発表した。

トランプ大統領と金委員長はハノイのメトロポールホテルでこの日夕方、約20分間の1対1の会談を実施。その後、米国のポンペオ国務長官とマルバニー大統領首席補佐官代行、北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長と李容浩(リ・ヨンホ)外相が同席する夕食会に臨んだ。

両首脳は夕食会に入る前、両国国旗の前で笑顔で握手。トランプ氏は記者団に対し、会談は成功すると発言。非核化問題で譲歩するのかとの記者団の質問に対しては「ノー」と答えた。

夕食会後、トランプ氏は「すばらしい会談だった」とツイッターに投稿し、「極めて良好な対話」を行ったとした。

昨年6月にシンガポールで行われた1回目の会談で、金委員長は朝鮮半島の非核化に向けた取り組みを確約。ただその後はほとんど進展は見られていない。

金委員長は2回目の首脳会談実現を阻害する要因は解消したとの考えを示し、北朝鮮との対話を開始したトランプ大統領の「勇気ある決断」を賞賛。「現在、ここで再会談が実現したことで、誰もが歓迎するすばらしい結果が得られると確信している。その実現に向け最大限の努力を行いたい」と述べた。

ホワイトハウスによると、両首脳は28日に再びメトロポールホテルで45分程度の1対1の会談を行う。会談の終わりに「合意文書の署名式」を行い、その後、現地時間午後3時50分(GMT0850、日本時間午後5時50分)にトランプ大統領が記者会見を行う。

ホワイトハウスは両首脳が何に関して署名するのか具体的に明らかにしていないが、両国はこれまでに、1950─53年の朝鮮戦争の終結を宣言する政治宣言についても協議を行っている。

トランプ大統領は 朝鮮戦争の終結を正式に宣言するかとの質問に対し、トランプは「様子を見よう」とのみ回答。夕食会前に記者団に笑顔で、「われわれの関係は極めて特別な関係だ」とし、「明日は忙しくなる」と述べた。

ただアナリストは終結宣言について時期尚早との見方を示しているほか、専門家の間では終結宣言が北朝鮮の非核化につながるのか慎重な見方も出ている。

トランプ大統領は会談前、「ベトナムは大いに栄えている。北朝鮮も非核化すればすぐに同様に栄えるだろう」とツイート。「友人の金正恩氏にとって過去に例を見ないほどの大きな機会がある。可能性は計り知れない」と述べた。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

日産、来年2月に臨時株主総会 内田新社長ら取締役選

ビジネス

日産が下方修正、今年度最終益は前年比7割減 世界で

ビジネス

英就業者数、7─9月は約4年ぶりの大幅減

ビジネス

アリババ「独身の日」、華為技術・小米・ユニクロなど

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 4

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「…

  • 5

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 6

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 7

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月