最新記事

インドネシア

K-POPアイドルBLACKPINKを宗教警察が逮捕? 公演控えたインドネシアでパロディ写真が議論に

2019年1月16日(水)18時32分
大塚智彦(PanAsiaNews)

日本でも“ブルピン”の愛称で人気のBLACKPINKが宗教掲載に捕まった!? アガン・ハラハップ氏のInstagramより

<過激な衣裳で出演したCMが放送禁止となったK-POPアイドル。今度はパロディ写真がネットに登場したが──>

日本や欧米で高い人気を誇る4人組K-POPのアイドルユニットのBLACKPINKが1月19・20日とインドネシアのジャカルタでコンサートを予定しているが、4人がインドネシアの宗教警察に逮捕された様子やイスラム教徒の女性服姿に変身した写真がインターネット上の写真共有アプリ「インスタグラム」で公開され話題となっている。

いずれの写真も実際のものではなく、インドネシア人のアーティストが写真を合成・加工して作成した「パロディ」で、BLACKPINKが2018年12月にその過激でセクシーな服装からCMが放送禁止になったことを受けて作成された。

パロディ写真の作者はアガン・ハラハップ氏。自らを「写真編集加工マスター」と称し、過去にパリス・ヒルトンやジャスティン・ビーバーなどの著名人の写真を画像編集ソフト「フォトショップ」などで加工した「作品」をネットに投稿してインドネシアの司法当局から目をつけられたこともあるアーティストだ。

アガン氏が今回作成したパロディ写真は、インドネシアでも特に敬虔なイスラム教徒が多く、イスラム法が一部施行されているスマトラ島北部のアチェ州に存在する宗教警察の車にBLACKPINKのメンバーが乗せられて警察署に連行される様子の写真。

View this post on Instagram

Polemik petisi perihal kostum dan penampilan BLAKPINK di iklan salah satu merk waralaba online ternyata berbuntut panjang. Sesi latihan yang sedianya dilakukan untuk mempersiapkan konser mereka minggu depan terpaksa harus terhenti di tengah jalan karena BLACKPINK terpaksa harus dijemput oleh petugas guna memberikan keterangan. . Dalam sebuah wawancara singkat, @jennierubyjane , salah satu personel Blackpink berkata: "Aku yo kaget mas. Lagi enak mangan gorengan, ujug ujug dipethuk karo petugas..." "Bejone petugas e ganteng. Aku yo melu ae pas digowo.." Ujar @sooyaaa__ menambahkan sambil tersipu malu. . Setelah menjawab sekian banyak pertanyaan yang dilontarkan petugas, BLACKPINK akhirnya diizinkan untuk pulang. . . Bersambung . . #blackpink #blackpinkindonesia #visitindonesia2019

Agan Harahapさん(@aganharahap)がシェアした投稿 -

 

このパロディ写真には「コンサートのリハーサル中に以前のCM事件に関連して事情聴取すると呼び出された時の様子」と説明があり、メンバーの一人ジェニがジャワ語で「ゴレンガン(インドネシアの典型的なおやつである揚げ物)を食べていたら突然拘束され、ショックだった」、さらにジスの「私たちを拘束した担当者はとてもハンサムだったわ」などという架空のコメントまで書かれている。

さらにインスタグラムでは「その後釈放された4人は記者会見で拘束は遺憾である。放送禁止となったCMの件に終止符を打つために、ジャカルタでのコンサートに特別ゲストを招待した」と続き、イスラム教徒の女性が頭部を覆うヒジャブと全身が隠れる服を着用したBLACKPINKの4人と特別ゲストの女性が並ぶ写真も紹介されている。

View this post on Instagram

Manajemen BLACKPINK secara mengejutkan telah mengumumkan identitas bintang tamu yang sekiranya akan turut memeriahkan konser BLACKPINK yang sedianya akan digelar minggu depan. . Dilansir dari situs resmi kantor berita Korea di Pyongyang, perkenalan BLACKPINK dengan Mamah Dedeh diawali sewaktu mengisi acara di sebuah stasiun tv swasta yang memiliki logo mirip ikan terbang. . Sementara dalam wawancara terpisah, Jennie mengatakan bahwa, 'There's no special reason why we choose her to be featured in our concert. It's only because her name. Mamah means mother and Dedeh means sister. We feel so close to her because she can take care of us like our mother, meanwhile at the same time we can share anything with her like our sister'. . Kami berharap dengan kehadiran "Mother Sister", dapat memberikan kesejukan sekaligus bisa memberi warna baru dalam penampilan kami di Jakarta, ujar Lisa menambahkan. . Sementara untuk penampilan BLACKPINK yang bagi sebagian kalangan dianggap bisa merusak moral bangsa, pihak manajemen telah mengambil tindakan preventif guna meredakan polemik yang selama ini beredar di masyarakat. . 'Ya. Untuk konser mendatang, kami sepakat akan mengenakan busana tradisional khas Indonesia'. Ujar Jisoo menutup sesi wawancara itu seraya menyeka air matanya dengan tissue merk alfamart. . . . Bersambung . . #blackpink #blackpinkindonesia #visitindonesia2019

Agan Harahapさん(@aganharahap)がシェアした投稿 -

 

「特別ゲスト」はママ・デデさんで、インドネシアでは有名なイスラム教徒の説教師と知られる人物だ。このママ・デデさんとBLACKPINKを並べたのは、アガン氏がインドネシアの圧倒的多数を占めるイスラム教徒を意識したものと推測される。当然ながら、彼女たちのジャカルタ公演に対してこれら一連の写真が果たした宣伝効果は抜群で、一部ではBLACKPINKとのコラボではないかとの憶測も出ているほどだ。

ママ・デデさんを特別ゲストに選んだ理由について、ジェニは「特別な理由はないけれど、ママは母親であり、デデは姉妹という意味で母のように私たちを見守り、姉妹のように何でも共有できるという名前だから」と話したことになっている。

ニュース速報

ビジネス

ECB専務理事候補シュナーベル氏、緩和策批判はユー

ワールド

ロシア、OPECと目標共有 協調減産に協力=プーチ

ワールド

北朝鮮「米は敵対政策撤回を」、継続なら非核化協議再

ワールド

政敵捜査の「見返り」に首脳会談、トランプ氏「指示」

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月