最新記事

米中関係

危険度を増す米中関係

China-U.S. Relations Are ‘Likely to Get More Dangerous’

2018年12月21日(金)16時30分
ジェイソン・レモン

ファーウェイは今年、スマホの世界販売台数でアップルを抜いたThomas Peter-REUTERS

<トランプ政権が中国への敵対心を露骨にするなか、このままでは米中関係がますます危険になると専門家は警告している>

米中関係はすでに「危険な段階」に突入しており、今後さらに「悪化する可能性が高い」と、米ハーバード大教授が語った。

「米中関係に関する新たな概念が必要だ。アメリカの古い見方でいう『中国との戦略的パートナーシップ』はすでに崩壊したからだ」と、ハーバード大学ケネディ行政大学院の外交専門家グラハム・アリソンは香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストの12月20日付の記事で語った。「今は危険な段階だ。もっと想像力を働かせないと、さらに危険になる可能性が高い」

ちょうど同じ日、アメリカと同盟3カ国(イギリス、オーストラリア、ニュージーランド)は、中国がサイバー攻撃を仕掛けて米企業の知的財産を盗んでいると強く非難した。ドナルド・トランプ米政権は、中国はサイバースパイ行為を阻止する2015年の協定を破ったと批判した。

長引く貿易戦争

米中の対立が深まっているのは、貿易戦争のせいでもある。7月以降の追加関税の応酬で、その総額は数千億ドルにのぼっている。12月1日、トランプはアルゼンチンで中国の習近平国家主席と会談し、中国が譲歩案を出すことを条件に対中追加関税の発動を猶予。米中貿易戦争は一時休戦に入っているが、猶予期間は90日間だけだ。

会談と同じ日、カナダ当局は中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ・)副会長兼CFO(最高財務責任者)の孟晩舟(モン・ワンチョウ)をバンクーバーで逮捕した。ファーウェイは中国を代表するグローバル・ハイテク企業。スマホの世界出荷台数では今年、アップルを抜き2位に浮上した。孟の容疑は対イラン制裁に違反して製品を違法に輸出したことで、アメリカが身柄の引き渡しを求めている。

孟は保釈金1000万カナダドルを払って保釈されたが、バンクーバーの自宅で24時間監視されている。中国は、カナダとアメリカが政治目的で彼女の「人権」を侵害していると非難、即時解放を要求している。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 6

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 7

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 8

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 9

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 9

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 10

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月