最新記事

韓国事情

韓国で相次ぐインフラ事故......責任転嫁と疎かになる再発防止

2018年12月19日(水)17時10分
佐々木和義

撮影: 佐々木和義

<韓国では、高速鉄道のKTXの脱線や事故、温水配管の破裂、携帯電話の通信障害など、インフラに関わる公企業の事故が相次いでいる‥‥

韓国で相次ぐインフラの事故に市民生活が脅かされている。2018年11月20日、忠清北道清州(チョンジュ)市の五松(オソン)駅でKTXの電気供給が中断する事故が発生、高速鉄道京釜線と湖南線など約120本の列車に遅れが生じ、1万人の利用者に影響が出た。前日の19日にもソウル駅でKTXが作業中のフォーククレーンと衝突するなど事故が頻発しており、李洛淵(イ・ナギョン)首相が韓国鉄道公社本社に乗り込んで安全管理体制の見直しを指示した3日後に、脱線事故が発生した。

相次ぐ公企業の事故

2018年12月8日午前7時33分、韓国北東部の江陵市で乗客198人を乗せたKTXが脱線して乗客16人と駅員1名が負傷した。分岐点の線路転換機の転換状態を表示する回線が誤って接続され、信号システムに障害が発生したためと推定されている。駅を出発してから5分後に起きた事故で、高速走行中なら大惨事となりかねない。平昌五輪に合わせて2017年12月に開業した区間で、駅舎の手抜き工事疑惑も生じている路線である(中央日報)。

公企業の事故は鉄道公社だけではない。12月4日には京畿道高陽市一山東区の白石(ペクソク)駅付近で温水配管が破裂し、1名が死亡、33名が火傷を負う事故が起きている。同日午後8時40分頃、韓国地域暖房公社が管理する850ミリの熱輸送管(温水配管)が破裂し、摂氏100度から110度に達する高圧の熱水が吹き上がった。事故地点を自動車で通過していた男性が車内に入り込んできた熱水を浴びて全身に火傷を負い死亡した(中央日報)。

事故の影響で一山東区白石洞と馬頭洞の3つのアパート団地2861世帯で暖房と温水の供給が中断し、住民は厳しい寒さに震えながら夜を明かしている。古い配管に亀裂が入り、内部の圧力に耐えられずに破裂したと推定されており、韓国地域暖房公社が全国にある20年を超えた熱輸送管を緊急点検したところ、203箇所で異常が見つかったという。

通信障害で脆弱性が表面化

また、2018年11月24日昼頃、最大手の通信会社KT阿峴(アヒョン)支社ビルで火災が発生し、ソウル市麻浦区を中心とする広い地域が大規模な通信障害に見舞われた。

火災現場から2.8キロメートル離れた新村セブランス病院ではKTの通信網を使用しているコールフォンが不通となり、救急室や集中治療室などに影響が出た。職員が所有するKT以外の携帯電話を共用したが、病床3100を有する病院の通信需要には耐えられなかった。7.7キロメートル離れた順天郷(スンチョンヒャン)大学ソウル病院も2時間に渡ってシステムが使えなくなり、救急室を閉鎖する事態に追い込まれている(中央日報)。

さらに日本の110番に相当する警察署の112番通報は一部が不通となり、隣接する龍山区にある国防部の電話網も途切れるなど、インフラの脆弱性が表面化した。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月