最新記事

貿易戦争

米ムニューシン財務長官「中国の人民元為替操作の兆候注視」

2018年7月23日(月)08時24分

7月20日、米国のムニューシン財務長官はロイターとのインタビューで、人民元安を牽制、為替操作の兆候が無いか注視していることを明らかにした。サンパウロで20日、インタビューに応じるムニューシン財務長官(2018年 ロイター/Nacho Doce)

米国のムニューシン財務長官はロイターとのインタビューで、人民元安を牽制、為替操作の兆候が無いか注視していることを明らかにした。

10月15日に公表を予定する半期毎の為替報告書とりまとめの一環として、人民元安を精査するという。

長官は中国が米国との通商問題で為替を武器として利用しているかもしれないと懸念しているかとの質問に対し、「武器か武器でないかといっているわけではない。通貨安が不公平な利益をもたらすことは疑う余地が無い」と指摘。「為替操作を行ったかを非常に注意深く精査していく」と述べた。

トランプ氏は大統領就任後すぐに中国を為替操作国に認定するとしていたが、財務省は認定しておらず、トランプ大統領自身も2017年4月に中国は為替操作国ではないとしていた。

ムニューシン長官は、中国が為替操作国ではないとしていた一因として、人民元が今年初めまで上昇または安定的に推移していたためとした。

またブエノスアイレスでの20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、主要7カ国(G7)と中国の非市場的な経済政策について協議すると述べた。

ドル高は米国にとって長期的に重要としつつ、短期の問題に関するコメントは控えた。

大統領が、連邦準備理事会(FRB)やパウエル議長の独立性を尊重しているとの認識も示した。

中国が意味のある変化を遂げることに誠意をみせるなら、同国と貿易面で合意する用意があると言及した。

合意には米国の知的財産権保護のほか、技術移転や合弁事業の強要を止め、中国で米国企業が公正に競争できる機会が必要との考えも示した。

長官は外資系による米国企業買収などの規制強化に向けた最終法案で米議会が合意したことを確認した。最終法案は満足できる内容になったとし、詳細は示さなかったが特定の国をターゲットにしているわけではないと述べた。

また適切な解決策が見つかれば、ロシアのアルミニウム大手ルサールに対する制裁を加除する余地があると指摘。ルサールを倒産に追い込むことがトランプ政権の目的ではないと述べた。

[サンパウロ 20日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

ワールド

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田

ビジネス

英中銀、8月6日の政策決定発表時間を前倒し 日本時

ワールド

リジェネロン、コロナ抗体カクテル療法で米政府と契約

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 8

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    プーチン終身大統領に道を開いたロシア「全国投票」…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月