最新記事

韓国事情

安全不感症が蔓延する韓国で、在韓邦人の安否を確認する訓練が行われた

2018年7月3日(火)18時20分
佐々木和義

ソウルで行われた米韓軍事演習と、周辺でその写真を撮る人々(2017年) Kim Hong-Ji-REUTERS

<韓国では、セウォル号沈没事故以降、安全対策への関心が大きくなったが安全不感症ともいえる事態も。そんな中、在韓邦人の安否を確認する訓練が行われた>

韓国内で緊急事態が発生したときに備えて、在韓邦人の安否を確認する緊急連絡訓練が2018年6月19日に実施された。日本大使館が日本人会会員の携帯電話にメッセージを送り、受信者は「HELP、BUJI」のいずれかを返信する。

日本大使館によると対象者1504人に対して送達数1375通、返信は1038人で75.5%の返信率だった。

sasaki0703b.jpg

大阪北部地震でも注目された日本政府の対応

2018年6月18日に大阪北部で震度6を記録する地震が発生した際、韓国のマスコミは日本政府等の対応を大きく報道している。

中央日報は、日本社会は歯車のように組織的で一糸乱れぬ対応だったとして、NHKや民間放送が地震の発生直後に災害放送体制に入り、政府の対策室は地震発生からわずか2分後の8時に稼動。発生から1時間後の8時58分には安倍首相が対策を明らかにし、国土交通省も地震発生から1時間以内に被害状況や復旧目処をまとめたなど各機関の素早い対応を伝えている。

韓国南東部の慶州市で、2016年9月12日午後8時32分にマグニチュード5.8の地震が発生したとき、市民に注意を呼びかける緊急通報は発生から9分後だった。

国民安全処がSNSで注意を呼びかけたのも地震発生の50分後で、同処ホームページは2時間以上にわたってつながりにくい状況が続くなど、国民は不安の一夜を過ごした。正確な情報がなく、北朝鮮の核実験というデマすら流布している。

こうしたこともあり、日本での地震への対応に大きな関心があるのだろう。

ヒューマンエラーと政権崩壊

こうした安全への関心が大きくなったきっかけは、なんといっても2014年4月16日、仁川港から済州島に向かう大型旅客船セウォル号の沈没だ。修学旅行生250人を含む295人が死亡、9人が行方不明となった韓国史上最大の海難事故である。

不適切な改造に加えて、救命ボートの不備など安全対策は不十分で、船長はじめ乗組員の大半が早々に退避している。乗客への避難誘導は行われず、退避を促す船内アナウンスは船が傾いてから1時間半後だった。教育庁が事故発生の4時間半後に生徒と教員は全員無事と誤った発表を行うなど政府機関の対応も混乱を極めた。

事故を受けて、同年11月に朴前大統領は国民安全処を創設したが、慶州地震時の対応に、基本的な仕事さえできない無用の長物と批判され、朴前大統領ははじめて弾劾を受け罷免されるに至った。直接的には友人の国政介入と贈賄疑惑だが、セウォル号沈没事故の対応と安全対策への不信が根底にあった。

この国民安全処は文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後に解散している。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月