最新記事

北朝鮮

トランプは非核化で金正恩に騙されている、米情報機関が分析

2018年7月2日(月)18時45分
エリオット・ハノン

歴史的な米朝首脳会談でトランプの話を聞く金正日(6月12日、シンガポールのセントーサ島で) Jonathan Ernst-REUTERS

<史上初の米朝首脳会談後に「北朝鮮の核の脅威はなくなった」と豪語したトランプのメンツを潰す新たな疑惑が浮上した>

シンガポールで金正恩朝鮮労働党委員長と史上初の米朝首脳会談から一夜明けた6月13日、アメリカの最高の交渉役を自負するドナルド・トランプ米大統領は、立て続けにツイートを投稿し、成果を強調した。

(今シンガポールからの帰りだ。本当に素晴らしい会談だった。北朝鮮の非核化に向けて重大な成果があった。人質はすでに帰国し、今後は米兵の遺骨も家族のもとに戻ってくる。ミサイルの発射や核開発の研究もなくなり、核実験場は閉鎖されている...)

(今着陸した。長旅だったが、私が大統領に就任した日と比べて誰もがずっと安心できるようになった。北朝鮮の核の脅威はなくなった。金正恩との会談は興味深く、とても前向きな経験だった。北朝鮮には素晴らしい可能性がある!)


ところが6月29日、米情報機関の衝撃的な分析が明らかになった。シンガポールで金と交わした合意は、現実にはトランプが吹聴したようなものとは違うというのだ。米NBCニュースによれば、米情報機関は北朝鮮が核兵器の原料となる高濃縮ウランを増産し、秘密の核関連施設を維持している、と結論付けた。

この問題に詳しい十数人の米政府関係者によれば、北朝鮮が秘密の核関連施設で原料の生産を続けているのは、トランプ政権からさまざまな譲歩を引き出す一方、アメリカとの交渉に信じられないほどの威力を発揮した核保有は続ける北朝鮮の策略の一環だという。現にトランプは、北朝鮮の求めに応じて米韓合同軍事演習を中止した。この決断も、具体的な見返りなしに重大な譲歩をし過ぎたと批判されている。

北朝鮮に騙された

(私の就任前、人々はアメリカが北朝鮮との戦争に向かうと考えていた。オバマ前大統領は北朝鮮が最大かつ最も危険な課題と言っていた。もはやそうではない。今夜からよく眠れるぞ!)


「ここ数か月、米朝両国が外交交渉を進めている間にも、北朝鮮は高濃縮ウランの生産を増やしていたことになる」、と5人の政府関係者が情報機関の最新の分析を引用しつつNBCに語った。北朝鮮はミサイルの発射や核実験を停止したものの、「核兵器の備蓄を減らし、生産を停止したという証拠はない」、と分析の報告を受けた別の政府当局者は語った。

米ワシントンを拠点とする北朝鮮分析サイト「38ノース」も6月26日、21日に撮影された商業衛星写真に基づき、北朝鮮寧辺の核施設でインフラ整備が速いペースで進んでいる、との分析を発表したばかりだ。

「北朝鮮がアメリカを騙そうとしている明白な証拠がある」、と先の政府関係者の一人は言った。

ニュース速報

ワールド

米、中国の南シナ海での軍事行動に反対=ボルトン大統

ビジネス

三菱UFJ、2億株・1000億円を上限に自己株を取

ビジネス

日経平均は大幅反落、一時700円超安 上海株高支え

ビジネス

ドル113円後半、円じり安 米中歩み寄りに期待

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    太陽熱を最長18年貯蔵できる、画期的な太陽熱燃料が開発される

  • 4

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 5

    カリフォルニア史上最悪の山火事にトランプがまた失…

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    メルケル時代が終わる理由は、難民・移民問題ではない

  • 8

    「キッシンジャー・習近平」会談の背後に次期米大統…

  • 9

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 10

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 5

    病院の集中治療室にいた4歳の少女を5人で集団レイプ

  • 6

    インド8歳少女のレイプ殺人で、少女への性的暴行を死…

  • 7

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 10

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 1

    射精にはなぜ時間がかかるのか?

  • 2

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 3

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    安倍首相はよく耐えた!

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月