最新記事

北朝鮮情勢

それでも韓国は防衛力を強化する

South Korea Strengthens Its Defenses

2018年6月14日(木)17時11分
クリスティナ・マザ

韓国南東部の浦項(ポハン)で4月に行われた米韓合同演習「フォール・イーグル」に参加中の韓国海兵隊 Kim Hong-Ji-REUTERS

<米朝首脳会談でトランプ米大統領は朝鮮半島の「完全な非核化」が進むといったが、それでも韓国は軍備を増強している>

先の米朝首脳会談でドナルド・トランプ米大統領は、朝鮮半島の非核化に向けた米朝対話が続く限り米韓軍事演習を中止すると表明したが、韓国は構わず軍の近代化と最新鋭のミサイルや戦闘機の購入を進めている。

韓国は北朝鮮からの脅威に絶えずさらされてきた。だからこそ文在寅現政権は北朝鮮との対話路線に舵を切った。敵対する北朝鮮とアメリカが対話のテーブルに着くことになったのも、韓国の仲介の功績が大きい。だが同時に韓国は、アメリカが米韓合同軍事演習の中止や、在韓米軍約2万8000人の撤退を決めた場合に備え、自力での防衛力強化も怠るまいとしている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によれば、韓国は在韓米軍の縮小や撤退を想定し、とりわけ空軍と海軍の軍備増強を検討中だという。まずは米ロッキード・マーチンの最新鋭ステルス戦闘機F35を購入する予定だ。

「近い将来、ステルス性能を備えた第5世代戦闘機F22とF35は、戦闘に不可欠になる。最新の防空システムは第4世代を凌駕している」、とマーク・ウェルシュ元米空軍参謀総長は声明で述べた。

ポンペオに課題は山積み

韓国がF35の購入を最終決定したのは、ちょうどマイク・ポンペオ米国務長官が朝鮮半島の非核化の大部分は2年半以内に実現できると主張したときだ。信じていないということか。

専門家も、北朝鮮が核兵器を手放すまでに、ポンぺオにはやるべきことがまだまだあると指摘する。6月12日に史上初めてアメリカと北朝鮮の首脳が会ったシンガポールでの会談は、これからの長く複雑な外交交渉の始まりに過ぎない、と一部の専門家は言う。

「今回の会談は、非核化や米朝国交正常化の具体的な枠組みを示せなかったものの、米国務省が主導する対話継続を今後のプロセスに盛り込んだ。対話を率いることになるポンペオと他の外交官たちは、間違いなく多くの難題に直面する。非核化の過程を検証する方法について北朝鮮の合意を取り付けるだけでなく、米中韓それぞれが北朝鮮との2国間関係を深める中で、3か国が足並みをそろえるよう調整することも大きな課題だ」と、支援を通じて北朝鮮市民との関係構築を図るアメリカの非政府組織(NGO)全米北朝鮮委員会(NCNK)のアソシエイツ・ディレクター、ダニエル・ワーツは本誌に語った。

ワーツはこう続けた。「北朝鮮の核放棄に向けたプロセスを開始させるため、やるべきことはたくさんある。トランプは米朝首脳会談で北朝鮮が主要なミサイル実験場の廃棄に合意したと言ったが、これはささやかな出発点に過ぎない。その後は北朝鮮にウラン濃縮やプルトニウム抽出を凍結させ、核開発計画をすべて申告させるべきだ」

韓国が軍備増強の手を緩めるのは、それらの行方を見極めてからだ。

(翻訳:河原里香)

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月