最新記事

北朝鮮情勢

それでも韓国は防衛力を強化する

2018年6月14日(木)17時11分
クリスティナ・マザ

韓国南東部の浦項(ポハン)で4月に行われた米韓合同演習「フォール・イーグル」に参加中の韓国海兵隊 Kim Hong-Ji-REUTERS

<米朝首脳会談でトランプ米大統領は朝鮮半島の「完全な非核化」が進むといったが、それでも韓国は軍備を増強している>

先の米朝首脳会談でドナルド・トランプ米大統領は、朝鮮半島の非核化に向けた米朝対話が続く限り米韓軍事演習を中止すると表明したが、韓国は構わず軍の近代化と最新鋭のミサイルや戦闘機の購入を進めている。

韓国は北朝鮮からの脅威に絶えずさらされてきた。だからこそ文在寅現政権は北朝鮮との対話路線に舵を切った。敵対する北朝鮮とアメリカが対話のテーブルに着くことになったのも、韓国の仲介の功績が大きい。だが同時に韓国は、アメリカが米韓合同軍事演習の中止や、在韓米軍約2万8000人の撤退を決めた場合に備え、自力での防衛力強化も怠るまいとしている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によれば、韓国は在韓米軍の縮小や撤退を想定し、とりわけ空軍と海軍の軍備増強を検討中だという。まずは米ロッキード・マーチンの最新鋭ステルス戦闘機F35を購入する予定だ。

「近い将来、ステルス性能を備えた第5世代戦闘機F22とF35は、戦闘に不可欠になる。最新の防空システムは第4世代を凌駕している」、とマーク・ウェルシュ元米空軍参謀総長は声明で述べた。

ポンペオに課題は山積み

韓国がF35の購入を最終決定したのは、ちょうどマイク・ポンペオ米国務長官が朝鮮半島の非核化の大部分は2年半以内に実現できると主張したときだ。信じていないということか。

専門家も、北朝鮮が核兵器を手放すまでに、ポンぺオにはやるべきことがまだまだあると指摘する。6月12日に史上初めてアメリカと北朝鮮の首脳が会ったシンガポールでの会談は、これからの長く複雑な外交交渉の始まりに過ぎない、と一部の専門家は言う。

「今回の会談は、非核化や米朝国交正常化の具体的な枠組みを示せなかったものの、米国務省が主導する対話継続を今後のプロセスに盛り込んだ。対話を率いることになるポンペオと他の外交官たちは、間違いなく多くの難題に直面する。非核化の過程を検証する方法について北朝鮮の合意を取り付けるだけでなく、米中韓それぞれが北朝鮮との2国間関係を深める中で、3か国が足並みをそろえるよう調整することも大きな課題だ」と、支援を通じて北朝鮮市民との関係構築を図るアメリカの非政府組織(NGO)全米北朝鮮委員会(NCNK)のアソシエイツ・ディレクター、ダニエル・ワーツは本誌に語った。

ワーツはこう続けた。「北朝鮮の核放棄に向けたプロセスを開始させるため、やるべきことはたくさんある。トランプは米朝首脳会談で北朝鮮が主要なミサイル実験場の廃棄に合意したと言ったが、これはささやかな出発点に過ぎない。その後は北朝鮮にウラン濃縮やプルトニウム抽出を凍結させ、核開発計画をすべて申告させるべきだ」

韓国が軍備増強の手を緩めるのは、それらの行方を見極めてからだ。

(翻訳:河原里香)

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月